FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

アタのカフェマット 

 

有り切れで、アタのカフェマットを作ってみました。
P1030759 (500x375)

リューはご飯を食べながらこぼしまくったので、リューもアタも、いつもトイレシートを使ってました。

アタはこぼさないので、前からあったフワフワのタオルっぽいマットを使ってみたのですが、気に入らないようで、乗るのが嫌みたい。

それじゃあと、作ったのがこれ。
P1030761 (500x375)

今度は気に入っているみたい。

☆☆☆
リューの病気のこととか、誰かの参考になるかもと、書こうと思っていたのですが、ちょっとまだ触れられないので
全く関係のないことなどから、ブログを書くことにしました。
自分自身が、触れられるようになるのを待つことにします。

category: 手作り

tb: 0   cm: 0

△top

がま口作りの復習 

 

「まつひろ商店」さんで習ってきたがま口、やっと復習をしてみました。

金口は、失敗したら勿体ないので100均のを使ってみました。

100均の金口には紙ひもと型紙がセットされているので、これで簡単にできると思ったのが躓きのはじめ。

まず、100均金口の作り方は、金口部分に差し込む布部分も縫いしろをつけ、袋状に縫うやり方。
「まつひろ商店」のやり方は、金口部分に差し込む布部分は断ち切り。
ここが違うと型紙が違うのです。は~あ。

付属の型紙を使って、口の部分の縫い代程度を適当にちょん切って作ってみました。
(写真の上にある唐草模様のもの)
作業工程そのものは、思い出しながら、講習工程を撮っておいた写真を見ながら何度かできたのですが…

P1030273 (400x300)

見事撃沈。
金口に合いません。
その上、この型紙で出来上がったがま口は昔の漫画にでてくるような横に広がったま口型で、
「まつひろ商店」のがま口のように粋な形ではなく、私はあまり好きではなかったのです。

仕方なく、難しそう、めんどくさいと避けていた、型紙づくりからやり直しました。
「まつひろ商店」のがま口講習では、講習で作ったものの他に、おまけとしてもう一つ分の金口と、
カットされている裏布、芯、紙ひもがついていました。
その芯の形と、あちこちのサイトを参考に型紙を作りました。(写真の下の方の型紙)

袋部分までは、順調にできたのですが…

金口にうまく入ってくれません。
講習ではあんなに簡単に綺麗にできたのになぜ?
紙ひもを入れても直ぐに抜けてしまいます。

紙ひもが細すぎる!
100均の作り方は金口部分を袋状に縫うので、布が2倍、4枚重なっており、糸の厚みもある。
私は断ち切りで作っているので、布が2枚。
厚さが薄いので添付されている紙ひもでは十分な圧迫ができないのです。

P1030274 (400x300)

写真上のものが、100均の紙ひも。
下が、「まつひろ商店」で使用したもの。
100均の物は撚りも甘い。

結局、ボンドを沢山つけて、力技で接着しました。
故に、ボンドが溢れたりして、あちこちボンドだらけの失敗作の出来上がり。

復習して得たものは、

もし今後も作るなら、紙ひもが添付されていても、布によってそれがベストの太さとは限らないので
紙ひもの太さを変えて手元に備えておいた方が作りやすい。

「まつひろ商店」で使用している中袋の布はやはり色々考えられている。
色は紺色なのはどんな表布にも合う色彩である。
また、張りがあって、糊が効いているので、作業中に伸びず、縁がほどけてこない。
最初に作った時には、普通の布で作ったので、表布と重ねた時点で伸びて、
表、裏布のサイズが変わってしまっていました。
ということは、中袋に皺が寄ってしまった。

二度目に作った時は、中袋にする布にキーピングでバリパリに糊をつけたのでとても扱いやすかったのです。
これはコツの一つですね。

category: 手作り

tb: 0   cm: 0

△top

「まつひろ商店」がま口教室 

 

今日、京都上七軒にある「まつひろ商店」のがまぐち教室に行ってきました。
P1030186 (500x375)

先に、Tさん達が受講されて、プロならではのコツを教えてもらって、とても参考になったというのを聞き、私も行きたーいと思っていたのです。
それも欲張って、3.3寸丸型と4.0寸角型ポーチの午前午後の2講座とも(汗)
触ったこともない正真正銘の初心者なので、緊張の塊で疲れた~。

P1030177 (500x375)


P1030190 (500x375)

講習そのものは、芯地も裏地もカットされて用意されているので、大名釣りのような楽な作業なのですが、なんせ、初めてなのでやっとこの使い方だけでも難しい。

なんでこんなところにボンドがついているんだ?と思いながらの作業でしたが、出来上がりは、我ながら「可愛い!!」

P1030205 (500x375)

私だけでなく、どなたも、自分の作品を見て、かわいいと喜んでましたよ。
終わったら、これから先、沢山作るかも分からないのに、やっとこまで買っていました。


お昼は、たまのお一人様のランチということで、調べておいた「Vertigo (ヴァーティゴ)」
でイタリアン。
P1030178 (500x375)
P1030181 (500x375)

コストパフォーマンスの良いランチコースで、アンティパストも美味しかったし、久々のパスタも美味しかった。

帰りは、老松でお菓子を買って、一人京都を堪能することができました。

category: 手作り

tb: 0   cm: 0

△top

梅村マルティナさんのワークショップに参加してきました。 

 

最近、手編みはopalというドイツ製の毛糸で作品作りを行っているのですが、2月11日に梅田の蔦屋で行われた、opal毛糸のニッターとしては第一人者の梅村マルティナさんのワークショップに参加してきました。
動画で予習していったので、やり方そのものは解っていたのですが、私が普段しない指への糸のかけ方に悪戦苦闘でした。
マルティナさんは、編み物を通して、東日本大震災の被災地支援を行い、より以上の支援として、現地に会社まで作ってしまった人です。
世の中には地道に凄い人が沢山いるもんです。
http://www.kfsatelier.co.jp/philosophy/index.html

category: 手作り

tb: 0   cm: 0

△top

好きなことができる幸せ 「minne」で 

 

P1020328 (450x338)


結局、自分は50年分歳をとってもちっとも変わっていなかったんだなあと思っています。

中学、高校生時代は、親友の誕生日祝いに、スカートや帽子、毛糸の手編みミトンなどをプレゼントしていました。

私は根っからの手芸好き。
母が棒針の手編みをしていたので、小学生の頃から手編みをはじめ、
中学になると、興味のある手芸にはすぐに手を出し、
洋裁は勿論、かぎ針編み(毛糸・レース)、ビーズ織り(今では一般的ですが、道具もなく箱に糸を貼って作っていました。)他、
勉強もせず、色々手をだしていました。

それに私の学校は家庭科がしっかりしていて、洋裁の基礎(スカート、ワンピース作成)、和裁の基礎(浴衣、一重の着物)も学ぶことができました。

選択科目では、呼び名は忘れましたが手工芸を1年選択したので、刺繍、ビーズ刺繍等を学ぶこともできました。

おかけで、貧乏という理由もあったのですが、娘の洋服、ニット製品の殆どは手作りですませました。
娘の小学校の入学式に既成の服を買ってやれなくて、真っ白な毛糸でワンピースを編んだものです。

娘の小さい頃は働きにでることができなかったので、自分の将来のことも考え、
通信講座ですが、手編み講師(棒針、かぎ針、アフガン編み)の資格も取りました。

平成になって直ぐ働きに出ることになり、仕事と家のことで時間が全くなくなり、手仕事から距離を置く時代が長く続きました。
二十何年間、ほとんど仕事ばかりでした。
そしてその仕事を離れることになり、自分のしたいことがやっとできることになり、始めたのが、やっぱり手仕事だったのです。
DSC_0793 (400x267)


始めはスヌードやリューやア太郎のセーターを編んでいたのですが、
今は、作ったものをminneというサイトで作ったものを売らさせて貰っています。

ちょっと前までは、楽しんで作るのはいいのですが、作ったものを使いきれない、
それでは勿体ない、なので作ることができないというジレンマに陥っていたのですが、
今は、気に入った方に買っていただくことができるという良いシステムができているのです。

好きなことを夢中になってできるという、贅沢な毎日です。
minneのサイト パレアナクラブ

category: 手作り

tb: 0   cm: 0

△top