FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

驚くべき非バリアフリー、三番街。 

 

いや~、驚きました。
梅田三番街の非バリアフリー。

最近は母がポケモンを始めて、「玉がない、玉がない」というので、外の公園のポケストップを回すのは寒いので、梅田地下の三番街に昼食とポケストップを回して玉を集めにいったのですよ。

ここからは、大阪の梅田三番街の複雑な形状を知らないとご理解いただけないと思うのと、言葉で説明する難しさを感じるのですが、とにかくお話してみます。

三番街は阪急電車の梅田駅ビルみたいなもので、3階に阪急電車の始発梅田駅があり、その周りと地下2階までに店舗やらバスターミナルがあります。

今日はその屋上の駐車場に車を止め、駐車場専用エレベーターで、北館地下2階のフードコートに行こうと思っていました。
駐車場エレベーターは地下1階までしか行けなかったので、降りてから、地下2階に行こうと、ぐるぐる歩き回って探しても別のエレベーターがない。階段下には目的地のフードコートが見えているのに。

この地下1階部分がまた困った場所で、三番街は特に地下部分が北館と南館で分かれていて、そのキディランドなどがある北館地下1階は、上下はエスカレーターと階段で繋がっているが、歩いて横移動ではどこにも通じていない。

困り果て、南館地下1階にあるインフォメーションで地下2階に行く方法を聞くために、移動することにする。

まず、先に乗ってきた駐車場用エレベーターに戻り、1階に上がる。
バスターミナルや紀伊国屋の横を抜け南館で地下に降りられる唯一のエレベーターに乗るために17番街まで行く。
17番街のエレベーターで地下1階へ降り、インフォメーションにたどり着く。

聞くと!! 「エレベーターはない。」
従業員用の業務エレベーターに案内するので、係の者を呼ぶので待っていて欲しいと言われる。
待っている間に、ベビーカーを押したママグループも同じ質問に来た。
一緒に、脇の従業員用の扉を抜け、バックヤードのエレベーターでやっと地下2階に行くことが出来ました。
そこは、南館の地下2階、食堂街の一番南端。

地下2階は南館と北館が通路で繋がっているので、取りあえずは北館のフードコートにたどり着き、お昼ご飯を食べることができまた。

そして、今度は地下2階からの脱出し地下1階に行く方法。
地下2階にはインフォメーションはないので、先のルートで上に上がるには勝手に従業員用ドアを開けて、その辺にいる人に声を掛けるしかない。

もう一つの方法としては、地下2階は通路で他のビルと繋がっているので、そこから脱出する方法。
繋がっているGUの入っているビルから出ることにしました。

そのビルも地下1階では他の地下街とは通じておらず、結局1階に上がって表に出て、更に道を隔てていたので、信号を渡り、また紀伊国屋の脇を通り、17番街に戻り、そこのエレベーターを使用して三番街の地下1階に戻り…。

前回の大阪万博の頃は、車椅子で外出する人がいる、足の不自由な人がいる、ベビーカーで赤ちゃんを連れて出かける人がいるなんて想像もつかなかったのでしょうね。

私自身、三番街の地下2階のレストラン街では何度も食事をしているのですが、今まで直接のエレベーターが一台もないなんて、全く気がついていなかったし、考えの端にも乗ったことがありませんでした。

次の大阪万博には少しはましになっているのでしょうか?

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

△top

野間の大ケヤキとありなし珈琲 

 


やっと、やっと、あの暑さも遠のき、犬連れ、高齢者連れでもお出かけができる気候になってきました。
今年の夏は弟の入院もあり、家族みんなでエアコンの中に夏籠りして、なんとか毎日を凌いできたような気がします。

P1030398 (400x367)

久しぶりの家族ドライブ、近場を回ってきました。
「野間の大ケヤキ」、天然記念物で、フクロウやコノハズクが子育てをしているので、最近割と訪れる人が増えているようです。
昔から名前も知っており、車でその横を通ることは何度もあったのですが、その頃は大きな木があるなという印象だけで、行ったことがなかったのです。
P1030395 (400x300)


弟が、道の駅「能勢くりの郷」のソースカツ丼がうまいらしいというので、先に道の駅に寄ったのですが、駐車場待ちの車が長蛇の列。
くりの郷も何度も行ったことがあるのですが、あんなに混んでいたのは初めてでした。
しかし、我々も我慢強くなったものです。その列に並び、更にはレストランの列に並びやっと2時に昼食にありつきました。

P1030394 (400x300)

ソースカツ丼はチキンカツでしたが、弟も娘も満足のお味だったよう。(写真を撮り忘れ)
私は、「のせのせカレー」という能勢産の野菜が沢山トッピングされた赤米のつけカレーを食べました。
お野菜はどれも美味しくて、特にカリッとポテトチップの様に挙げられたゴボウがとても気に入りました。
ご飯と野菜をスプーンに乗せて、カレールーにくぐらせて食べるのです。
これが790円なんですからね、また食べに行こうと思ってます。

P1030396 (400x262)


P1030402 (400x300)

P1030401 (400x238)

野間の大ケヤキに行く楽しみは、フクロウ、コノハズクを見たいということだったのですが、もう巣立ってしまっていて、いませんでした。春先から夏までに行かないとだめですね。

P1030406 (400x300)


そしてもう一つの目的は、日曜日だけ営業されている
「ありなし珈琲」のコーヒーを飲むこと。
ヒーリングスポットとしての人気もある大ケヤキの元、美味しいコーヒーを飲んで、ちょっと鬱陶しかった夏ともサヨナラできました。

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

△top

「サン マハロ 箕面小野原店」 

 

ご近所の気になっていたハワイアンレストラン「サン マハロ」にやっと行ってみました。

P1020813 (400x300)

ランチプレートは色々種類がありましたが、私はガーリックシュリンプのプレートにしたのだけど、ガーリックシュリンプでご飯を食べるのはちょっと大変でした。

P1020805 (400x300)

娘の選んだランチセットは、エッグベネディクト、ガーリックシュリンプとカレーのプレート、選べるデザートと飲み物。

P1020809 (400x261)
P1020807 (400x300)
P1020809 (400x261)

カレーは隠し味にチョコレートが入っているのではないかと思われるお味でした。

男性には量がちょっと足りないかもしれませんが、雰囲気はとても良いお店でしたので、女性同士でおしゃべりしながらお食事するのにはぴったりかも。

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

△top

産直市場「あすかてくるで羽曳野店」・「よってって泉佐野店」 

 

P1020030 (321x400)

和歌山県紀の川市の「めっけもん広場」は、家から行ける産直市場では最高の品ぞろえなので、一か月に一度くらいのペースで、に野菜や果物、はちみつ等の買い出しに行っています。

今日も行こうということになったのですが、第一火曜日は月に一度の定休日、残念。
では、ということで急きょ調べて、最近話題になっていた別の産直市場に行ってみることにしました。
以前は「めっけもん広場」以外は、しょぼい産直市場がパラパラとあるだけでしたが、最近ずいぶんあちこちに以前より充実した産直市場が増えてきているのですよね。



 道の駅「白鳥の郷」内にある「あすかてくるで羽曳野店」

P1020010 (400x300)

道の駅「白鳥の郷」は、「あすかてくるで羽曳野店」しか立ち寄らなかったので判らなかったのですが、物産館の「タケル館」とか飲食店、バーベキュー施設、野外活動広場等、かなり大きな施設のようです。

P1020013 (400x300)

時期的に地元産のブドウ、泉州のナスを初めとして各種地元野菜、地元にないものは他の地方のものでだいたい揃っていました。
但し、正規に出荷できない2級品の割合が多かったかな。


次に向かったのが、泉佐野市「よってって泉佐野店」

P1020021 パノラマ写真 (400x164)

和歌山県を中心に、大阪南部、奈良県と何件も産直市場を経営する会社の一店舗のようです。

P1020014 (400x300)

地元野菜、果物は勿論のこと、近県、和歌山、奈良からの地元野菜も取りそろえられており、質もなかなか良かったです。
農産物だけではなく、魚類、肉等に加え、大阪ならではの面白い地元商品が沢山取りそろえられていたのが楽しかった。

P1020016 (400x300)

自由軒のレトルトカレー、メタルインドカレーの元。

P1020015 (400x300)

「当たり前田のクラッカー」
藤田まことさんの「てなもんや三度笠」、知らないだろうなあ、キビシ〜ッ!!


各社の「水ナスの漬物」

P1020017 (400x300)


「めっけもん広場」に行くときは、セットで必ず行く泉佐野市「青空市場」

P1020023 (400x300)

最近、後ろの魚市場のセリから直入ってくる魚が少ないような、特に土日は観光客も増えているので、この魚どこから仕入れているの?という疑問も湧いたりして。
価格もイワシ、アジといった地元の魚は確かに安いのですが。

それでも行くのは、ここで売っているサケ(本当はサーモン)のカマが目的。
ところが、今日は売り切れ、涙。

お店の人に無いことを嘆くと、電話してくれたら取り置きしてくれるとのこと。
今度からは、絶対電話してから行くわ!!


P1020033 (300x400)


category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

△top

初めて!城南宮梅林へ 

 

京都に行くときには必ず通る京都南IC。
何度通ったかわからないくらいなのに、その近くにある城南宮をお参りしたことが一度もありませんでした。

その城南宮に見事な梅林があることを知ったのも、ごく最近。
やっと行ってみました。

城南宮に参る前に、まずは腹ごしらえと、近隣の食べ物屋さんを探してここに行ってみました。


スーパー銭湯「伏見力の湯」に併設されている 「じねんと食堂」

  地元の京野菜を中心に、サラダ、和洋おそうざい、もっちもちの自家製うどん、
   スイーツやフルーツ、ソフトドリンクなど約70品と大満足の内容!
  スーパー銭湯[力の湯]や、地元野菜直売所[じねんと市場]と一緒に立ち寄ってみて。

というビュフェスタイルのレストラン。

P1120226 (400x300)

最近はバイキング形式のレストランは、量を食べられないので敬遠しているのですが、野菜中心ということで挑戦してみました。

最初に持ってきた分だけでこれだけ。
この後、また持ってきたし、デザートも食べたし、コーヒーも飲んだし。

P1120224 (400x300)

あっ、今 「量が食べられないなんて、どんだけ!! 」という声が聞こえたのは、気のせい?

隣接する農産物直売所「じねんと市場」には、京都産の新鮮な野菜、また新しい品種の野菜などたくさん売っていました。

P1120227 (400x300)

あちこちの道の駅に行っていますけど、野菜が残念なところが多いのですが、ここの野菜はかなり上位でした。

ここから城南宮はすぐそばなんですけど、近づくにつれ、車の渋滞。
どうみても、これは城南宮の駐車場に入るための行列と判断し、渋滞に参加して、どうにか駐車することができました。

DSC_0101 (400x267)

前日にテレビで紹介されていたためか、元々人気があるせいか、すごい見物客の数。

DSC_0108 (400x267)

沢山の人が来ているだけあって、見事なしだれ梅。

DSC_0104 (400x267)

椿の庭園でもあるので、様々な椿が咲いています。

DSC_0113 (400x267)

通路は歩けないほどの人の列ですが、美しいしだれ梅は、庭園の作りのお陰で、人の影を気にせず鑑賞できます。

リューとアタは、いつものように桂川PAでお散歩。
P1120231 (400x300)

category: お出かけ

tb: 0   cm: 0

△top