FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

感謝 

 

鹿児島多頭飼育レスキューで、最後まで一時預りさんが見つからなかった
かおるちゃん、一時預りさんが名乗り出てくださいました。

とりあえず、一安心です。

ここを通して、鹿児島多頭飼育を訪れてくださった皆様、ありがとうございました。

きっと、私と同じように、かおるちゃんやくろちゃんの行く末を、心配しでいただいたと思います。
よかったですね。

まだ一時預りさんの元に旅立っただけで、本当の赤い糸が結ばれた飼い主さんと巡り会ったわけではありません。
これから、また巡り会うまで見守って、もしくはあなたの指の赤い糸があの仔達につながっていたら、ぜひ宜しくお願いいたします。

先に、2頭の一時預りをしてくださってるドッグサルベーションさんは徳島の多頭飼育のレスキューもしています。
決して楽な状態で2頭を預ったわけではないでしょう。
2頭を預れば、徳島の仔達の保護が遅れるのです。
嬉しい反面、またため息もでます。

category: レスキュー

tb: 0   cm: 0

△top

危険 

 

私がAAに対して、今どう思っているがこのブログを以前からロムっている方なら、ご存じでしょう。

AAが和泉市繁殖場の犬たちに関わったことで、更に事態を悪化させ、行政はAAに関わりたくない、マスコミは疑惑のAAを通して、ブルセラで苦しむ犬たちをみている。

和泉市繁殖場の犬たちには、AAはなんのかかわりもないことです。

AA憎し=ブルセラ犬憎し の意見が多くみられるのは何故なんでしょう。

AAがおかしいと思われている方は、犬のことを理解していると思っていました。
何が正しいか、見つめているから、AAが保護団体としておかしいと判断されているはずです。
賛成、反対とかではなく、和泉市の犬たちも広島の犬と同じ犬と理解してやってください。

世の中の獣医師さん、ブルセラ陽性犬を100頭を治療して世に出すことが、それほど危険なら、理由を挙げて危険と声を上げてください。
納得できる説明を多くの獣医、細菌学者がしてくだされば、陽性犬処分も受け入れられることなのです。

category: レスキュー

△top

処分 

 

こんなことを言う人がいました。

明日、自衛隊演習場で、陽性犬殺処分するんだって。(27日の殺処分は中止)
これで、ブルセラ・カニスが人間にも犬にも感染する心配がずいぶんと無くなるよね。

だいたいさあ、日本の犬の6%前後が感染しているという中に、100頭余りの治療した犬が加わることはホント危険だよね。
(陽性犬は118頭だけど、既に次々と死んでるからだいたい100頭ということで)

みんなが登録さえしてないから、日本にいる犬の数、正確に判ってないけど、ペットフードの企業が勝手に計算したやつで、大目に見積もって2000万頭程の犬がいるんだっけ。

もう何十年か前からブルセラ・カニスに日本の犬は感染してるんだよね。徳島大学獣医学部の調査にもあるんだけど、今いる犬の1~6%感染しているんだよね。
仮に犬の数を7割として1,400万頭、ブルセラ・カニス陽性犬を3%として、420,000頭の感染犬がいると計算されるわけだ。
その中に治療済みだけど再発の危険性がある100頭が加わるんだから、0.02%増となりゃ、やっぱり相当の驚異だよね。

厚生労働省の通達に、人にはすこぶる移りにくいと書いてあるんだけど、どうなんだろう。
確かにブルセラ・カニスに人間が感染する方法としては、感染した犬の流産による胎児や胎盤に触れて、舐めて、更には傷口にすり込めば可能なんだろう。
陽性犬を大量に作り出している日本中の繁殖屋、年中出産させているのだから、いつも流産の胎児なんかさわって一番感染するはずなのに、今のところ誰一人として感染していない。なんでだ。

でもさあ、日本では年間16万頭の犬が不要犬として殺処分されているんだからだから、どうせならあそこの犬全部を処分すればいいのさ。
16万頭の内の200頭あまりなんて、それこそ誤差じゃん。

そういえば、マルタ熱と言われる羊のブルセラの症状を犬ブルセラの症状と言ったり、空気感染するとデマを飛ばしたり、何も知らない、調べようともしない人を脅かすには十分だったよね。
50年も前のマルタ熱のブルセラを細菌兵器として研究したことを、ブルセラ菌は細菌兵器にもなる恐ろしい病気と宣伝してくれたヤツもいた。
今頃、あんな効率の悪いブルセラ菌を細菌兵器と利用しようとするテロリスト、いたら相当バカだな。
たとえそんなバカがいたとしたって、犬ブルセラを細菌兵器にするヤツはいない。
人に移りにくい細菌を兵器にできるわけがない。

それにさあ、犬どうしだって空気感染するなら、あそこの犬全部陽性となってるはずじゃん。
だいたいね、陽性犬と同じケージに入っていても感染していない犬もいるんだって、あんなにクソや尿まみれなのにね。
感染したのは流産した犬と一緒に入っていたやつだそうだ、運が悪いね。

当面の危険は回避できたわけだから、後は日本中にいる40万頭からの陽性犬の危険を排除しなくちゃね。
--------------------------------------------
厚生労働省通達
「愛玩動物の衛生管理の徹底に関するガイドライン2006 参考と解説」(31P)


5.2 イヌブルセラ症
動物からヒトにうつるブルセラ症のうち、イヌブルセラ症は最も軽症とされる。わが国には1970年頃、輸入された繁殖犬によって持ち込まれたと考えられる。
病原体:
イヌブルセラ菌(Burucella canis)。
保菌動物となる愛玩動物:
イヌ。
愛玩動物における発生状況:
家庭で飼育されているイヌにおける感染率は明らかではないが、動物愛護センター等に保護されたイヌの調査結果によると数%程度が過去に感染したことを示す抗体を保有している。イヌからイヌへは交尾等によって伝播し、時としてイヌの繁殖施設において集団発生がみられる。このような繁殖施設からペットショップを経て保菌犬が購入される可能性がある。
患者発生状況:
家畜由来ブルセラ菌(感染症法に基づく4類感染症)に感染したことが確認される患者はきわめてまれである。中でもイヌブルセラ症の症状は軽い場合が多く、感染を自覚しない感染者がどのくらいいるのかは不明である。イヌと濃密な接触をすることの多い獣医師に抗体陽性者が散見されるが、この場合も抗体検査によって感染に気づくことがほとんどである。
愛玩動物から人への伝播:
イヌブルセラ菌は、尿や精液、感染犬が流産した場合は流産胎児や汚物に排泄されることが知られている。このため、分娩の介助や死流産した胎児を取り扱うことによって感染する可能性がある。原因菌が傷口や粘膜から侵入したり経口的に侵入することにより感染する。
臨床像と治療:
潜伏期間は通常1-3週間で、その後、発熱、発汗、悪寒、倦怠感、頭痛などのカゼ様症状を呈することがある。しかしこの菌はヒトに対しては病原性が弱く、発症することはまれである。
発症した場合は他のブルセラ属菌感染の場合と同様に抗生物質を用いた治療が行われる。
愛玩動物の衛生管理と人への感染予防:
動物用、人用ともにワクチンはない。
イヌの購入に当たっては、死流産の発生がなく、生まれた子犬の発育が良好な信頼のおける繁殖所やペットショップを利用する。愛護センター等から入手する場合にはブルセラ感染の心配のない動物であることを確認し、愛護センターも検査体制を確立することが望ましい。
飼育に当たっては、健康不良犬との接触を制限する、健康不良犬との接触を避けるため放し飼いを行わない、などが必要である。

category: レスキュー

tb: 0   cm: 2

△top

愛誤 

 

和泉市繁殖場は、ボランティアが排除され、行政だけで管理されている。
何年も犬達のことを思い、ボランティアで世話をしてきた人も入ることができない。
ボラが全国から集め、運んでいた支援物資も受け取りが拒否された。

大阪府ブルセラ犬病等感染救援本部は一般からの募金によって、この救済活動を行うとしているが、今の状況でどれだけの人が大阪府へ犬達のための支援をすることができるのか。

毎日、陽性の犬も陰性の犬も死んでいる。
抗生物質も犬の大きさ等を考慮されずに投与されてきた。
具合の悪い犬の治療もされない。
陽性、陰性にかかわらず。

里親になりたいと思っていた犬が死んで、号泣して居るボランティアがいる。
それをビデオにとっている職員。

犬ブルセラに対する情報の混乱から、陽性犬処分、いや全犬処分、陽性犬も処分する必要はないと意見が分かれ、問題のある団体が保護活動に加わったことにより、さらに状況が複雑化した。

そのことによる全ての厄災が犬達に降りかかっている。

行政も陽性犬殺処分を正当とするなら、納得行く明確な論拠ある説明をし、するべきことをすればよい。
それは犬を殺すことだけではなく、死すべき犬もその最後までの生を敬い、きちんと世話をすることであり、生かせる犬の毎日を清潔で、健康管理を行うという常識的な生を与えることではないのだろうか。
今のような、状態を何時まで続け、今後どうするつもりなのか。
里親募集を今の状態でどうやってやることができるのか。
疑問ばかり…、それより、無理だろうとの思いばかりが浮かぶ。
 ピッポ、大吉&十兵衛の日録さん
    My Lifeさん


それにつけても、何故だろう。

和泉市繁殖場のボランティアさんや、支援する人達を愛誤とさげすむ人がいる。
陽性犬を助けたいと思う人々を愛誤とさげすむ。
AAが保護に名乗りをあげたことで、和泉市繁殖場の犬達をさげすむ。

陽性犬殺処分賛成、反対それぞれの意見があることは、その情報がどちらともはっきりしないことから混乱している。
だからといって、和泉市繁殖場で苦しんでいる犬が存在するのは事実であり、その犬は広島で苦しんでいた犬と同じ犬であり、我が家のリューとも同じ犬なのである。
悲しい。

category: レスキュー

△top

くろちゃん、かおるちゃん 一時預かりさん いらしゃいませんか 

 

23日くろちゃんの一時預かりさんの目処は建ったようです。

かおるちゃんの里親さん又は一時預かりさん、求めています。

鹿児島多頭飼育、でやっと保護されたくろちゃん(一時預かりさんお申出ありまた。)と
かおるちゃんの明日の行き場所がありません。

かおるちゃん
          虚勢手術済み・トイレもしっかり出来る。

くろちゃん
(一時あずかりさん、お申出ありました。本当に有り難うございます。)

          頭が良く性格は明るい。

今、この二頭残る一頭の行き先が見つかりません。

鹿児島から遠くても、空輸で運ぶことができます。

預かり期間にかかる費用・必要な物等は、鹿児島多頭飼育さんで全額負担されるそうです。
一時預かりさんをしていただける方、心当たりのある方、お声をかけていただける方、よろしくお願いいたします。

category: レスキュー

△top

またもや、シャンプーをするには決心がいる。 

 

皆さんちのワンは、どのくらいの周期でシャンプーします?
リューの場合は、原則、二週間に一回、自宅で、
それを二回くりかえして、次はプロにお願いして、シャンプー、トリミング。
なので、トリマーさんにお願いするのは、1ヶ月半に一度という頻度です。

最近はこの原則がだいぶ崩れていて、前回は2ヶ月以上の間が空いてしまいました。

今晩は、覚悟を決めて、シャンプー決行しました。
今回も間が少し空いて、3週間振りだと思います。
汚れで、毛がごわごわして、それが毛玉を更に悪化していました。
シャンプー前にスリッカーとファーミネーターを使い1時間近い、コーミング&毛玉とり。

シャンプーする度に汚れも違い、砂がお風呂の床一杯に落ちてくることもあれば、黒い色が流れて来ることもあります。

今回は、黒い汚れがタールのように前足、後ろ足から流れ出てきました。
その汚れは、泡の上にアクのように浮かび、お風呂の壁に黒いカビのように残るほどでした。

雨の中、汚れた歩道を散歩した結果かもしれません。
こんな汚い毛を舐めたり、人間が撫でたりしていたんですねえ。(恐)

シャンプーはまだそれほど大変ではないのですが、ドライヤーがなかなか大変です。
リュー相手ですからね。敵はペロペロ攻撃でなんとかドライヤー攻撃を回避しようとしてきます。

あれ、「1頭しかいないのに、なに言ってんだか。」という声がどこからか。



使用前                         使用後

努力の割にはあまり違って見えないかも。
トリミングしないとコートがのれんみたいだ。


category: リュー

△top

現場ボランティアまで排除 

 

陽性犬処分に関しては、それぞれの意見があることは認めますが、大阪府による犬虐待ともとらえられる現状を…。

和泉市繁殖場犬ブルセラ菌陽陰性犬達の救済は少しも良い方向へ動いていません。

現場は府によって制限された少数のボランティアさんの必死の活動によって、犬達は日々をなんとか凌いでいますが、その環境は改善されたものではなく、フードなどの物資も、ボラさんに直接届けられたものによってなんとか賄われている状態です。

それでも大阪府は物資は間に合っている、世話も充分にされていると言っています。

この何日間、外での状況は刻々と変化しており、またたび獣医師団、AAがレスキューに参加し、Wan Lifeが撤退されました。
AAに関しては思うところがありますが、犬達のためにと送られた豊富な物資はどんどん使って欲しいものです。

19日、またたび獣医師団とAAが現地を訪れ、現地大阪府職員と話し合い重体の犬6頭が外部の病院で入院治療をされるということになったはずでした。
 またたび獣医師団ブログ 壁とける

しかし、20日朝、ボランティアが現場を訪れると、
3頭の犬が戻ってきており、一番状態の悪かったシーズーとダックスが死んでいました。
もう一頭のA・コッカーは血便をだしている状態でした。

その日、またたび獣医師団とAA、大阪府との話し合いが行われ、

行政側が指定した、獣医師会員の経営するI病院の獣医は、あの子達を診て「特に問題ないから現場で治療するべし」という診断を下したそうです。

10時からの会議ではボランティアの受け入れ、獣医の受け入れ、獣医師会の獣医が受け入れないなら、こちらの用意した病院で入院治療をさせること、どうせ死ぬから治療しないというのではなく、死ぬ直前まで治療とケアを続けさせること、そして陽性殺処分の撤回を要求しました。後日返事が来るそうです。

その後また現場に向かい、山口獣医と関西のP獣医、アークエンジェルズの林代表が中に入り診断しました。

その中で黄疸の出ている黒いコッカースパニエルがP獣医の病院に入院しました。はじめて獣医師会以外の獣医が経営する病院に入院することが出来ました。何とか助かって欲しいと願うばかりです。
(コッカーは死にました。)
 またたび獣医師団ブログ 今日より引用

しかし、その裏で、大阪府は現場ボランティアに「今後現地に来る必要はない」と連絡してきました。
    ピッポ、大吉&十兵衛の日録さん
    My Lifeさん

ボランティアもボランティアが持ってくる支援物資も必要ないということです。

内部の情報を発信されては困るので、現場ボランティアを排除したのでしょう。
大阪府は現場を密室とし、犬達をどうするつもりなのでしょうか。
今までですら、陽性、陰性にかかわらず大阪府はまともな世話をしていないのに、ボランティアの手助け無しにできるわけもありません。
---------------------------------------
(現地ボラティアの方からのコメントを転載します。)

MyLifeの若葉です。
リンク有難うございました。
私達ボランティアがblogに書く情報は確かなものですが行政側は各ボランティアに対し同じ質問でも違う回答をしていると言う事実がボランティアの方と連絡を取り判明しました。
行政側は『ボランティアが書くblogは嘘ばかりを書いている。
だから皆言ってる事がバラバラなんですよ』と一般市民が問い合わせた際回答しています。
これもまた行政側の作戦だったのでしょう‥この話を処分賛成処分反対関係なく全国の方に知ってもらいたいです。
皆様協力して下さい。

category: レスキュー

△top

鹿児島多頭飼育レスキュー、その後 

 

鹿児島多頭飼育、5年以上の虐待からやっと保護された犬達です。

かおるちゃん
          虚勢手術済み・トイレもしっかり出来るおりこうさん。

くろちゃん

          頭が良く性格は明るいやんちゃ姫。

ラッシー

          虚勢済み・体は小ぶり・必死に全身で擦り寄って甘えんぼうの男の子。

犬って過去にこだわらず、今の幸せで笑っていられるんですね。

でも、この仔達の行き先が見つかりません。

この仔たちの里親さん、一時預かりさんの目処が立たず、動物病院に預けるという形で日々しのいでいる状況です。

虐待からやっと抜け出せた犬達が、心落ち着いて過ごさせてあげられる環境にしてやりたい。

預かり期間にかかる費用・必要な物等は、鹿児島多頭飼育さんで全額負担されるそうです。
一時預かりさんをしていただける方、心当たりのある方、お声をかけていただける方、よろしくお願いいたします。

category: レスキュー

tb: 0   cm: 2

△top

競争心? 

 

よく兄弟がいると、競争意識が刺激されて、競ってほめられようとするなんてことがあるけれど、これは犬にもあるんだなあと感じることがありました。

手が太って見えるのは、写真のマジック、遠近法で、私の実物の手はもうちょっと細いです。(笑)

UFOキャッチャーで、2コ取りしたお猿のぬいぐるみを、リューのオモチャにすることにしました。
どうせオモチャにするんだからと、ちょっと遊んでみました。

横にいるリューのことを全く無視をして、そのお猿さんをコタツテーブルの上にのせ、

「かわいいねえ、イイコだねえ」とほめ続け、

「握手!」
「かしこい!」
「握手!」
リューを無視して、「いいこだねえ」と楽しそうに繰り返します。

そうすると、横で見ているリューは、参加したくて足踏みしてうずうずしています。

「じゃあ、リューも、握手!」

もの凄い勢いで握手。

実はリューは握手が大嫌い。
犬は元々前足を捕られるのを嫌うようです。

普段、イヤイヤやっとする握手を嬉々としました。
競争心だったのか、楽しそうだったからか、犬って面白いですね。

category: リュー

tb: 0   cm: 6

△top

鬼子母神 

 

和泉市ブルセラ陽性犬救命のため、wan Lifeさんが、またたび獣医師団さんとともに、AAと組みましたね。

私は、静岡の繁殖者崩壊レスキューの時、ブルセラ陽性犬が所有権を行政側が取得できなかったために、治療され里親に渡された。
そのことに対する行政に対する批判、反省、また細菌を完全に封じ込める意図から、今回、行政は初期に所有権を取得したと思っています。

wan Lifeさん、目の前のあの仔たちを救う一滴の望みのために、泥でもかぶる、悪にでもなると決心されたのですね。
決して仲が良いとはいえなかった相手と手を組んでも、もちろん一般人以上にAAのことを知っているはずのWan LifeさんがAAと組んだ。

我が子のため、他人の子を食った鬼子母神。
胸が痛むことが続きます。

追記と訂正
私の思いが至らなかったせいで、取りようによっては、Wan Lifeさんが他の犬を犠牲にするともとれますが、全くその意図はありません。
母の必死さを思ったまでです。

category: レスキュー

△top

鹿児島多頭レスキュー、くまさんが窮地に 

 

Wan Lifeさんの活動日誌、2月8日に

 「鹿児島多頭飼育レスキュー成功」とあったので、辛いことが続く中、少しは良いことがあったと単純に喜んでいました。自分の甘さ加減をまたもや思い知らされました。

鹿児島多頭飼育HP

鹿児島多頭飼育レスキューは、どの団体も保護を諦めた状況に、ただ一人で5年にわたり立ち向かい、やっと犬たちを保護する光を見いだしたところです。

その活動の記録を読ませていただくと、くまさんの行動に畏敬の念を覚えずにいられません。
  ぜひぜひ
         今までの活動内容  

 過去日記  わんにゃんくらぶ を最初からお読み下さい。胸に詰まる思いがあります。

そして現在の  鹿児島多頭飼育日記 を


犬たちをやっと保護できることになった今、くまさんは苦境に立たされています。
手伝ってあげてください。

私は、一時預りもできません。別の形でしかできません。
でも、もし出来る方は、犬の移動運送ボラ、 一時預りボラを、お願いします。

皆で少しずつ助けられればと思いつつ、こんなことが多すぎることに、打ち拉がれそうになります。
でも、逃げることもせず立ち向かっている人に、僅かですが力を貸したいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
そしてもう一つ、私の参加しております(これ言いにくいんですよね、何もしていないので)イングリッシュ・コッカー・スパニエル・レスキューサイト(ECSRN)から、迷子犬保護のお知らせです。

<迷子のEコッカーのお知らせ>

迷子のブルーローンの女の子が保護されています。
このEコッカーについて情報をお持ちの方は、こちらまでご一報ください。

2007年2月13日(火)、愛知県豊田市にある、鞍が池公園駐車場 にて
バリケンごと置き去りにされているところを公園に遊びに来た方が発見し
ECSRNに連絡をくださいました。

現在、発見してくださった方のご実家で預かっていただいています。

性別:メス              
毛色:ブルーローン              
健康状態:前足に怪我をしているのか、包帯が巻かれていて
       触ろうとすると嫌がるそうです。

この仔の一時預りさんも募集しています。よろしくお願いします。

category: レスキュー

tb: 0   cm: 2

△top

 

 

えー、ここでちょっと息抜き。。
ってこれがなんで息抜きになるのか、自分でも判りませんが…、

最近、不思議なことに気がついたんですよね。

私は、去年の9月頃、あちこちの保護団体さんの、HP、ブログを毎日覗いていたんですよね。
その中の1団体としてAAがありました。
なので、AAがひろしまドックぱーくに関わるようになってからの、活動日誌を全部読んでいます。

最初にAAの活動日誌に
「場所はまだ明かせられないけれど、遠方で大規模レスキューを始めた、ついては沢山の犬が死にかかっている、早急に運送に必要なバリケン、ケージ、医療費をお願いします。」
というような記事が、
9月16日、17日、18日の間の日誌に書かれていました。

その日記がばっさり、削除されているのですよね。
私自身は、いろいろと躊躇があったので直ぐにこのブログではとりあげませんでした。
でも、他の方のブログで取り上げられているのをみて、犬が救いを求めているのだから目をそらしてはいけないと、




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

またたび獣医師団、大阪ブルセラ犬の救命チームを立ち上げる 

 

またたび獣医師団 ブログトップ

被災動物の救済のため、個人の有志により立ち上げた獣医師団である
またたび獣医師団 が大阪ブルセラ犬の救命チームをたちあげてくださいました。
国境なき医師団の 個人版、獣医版として活動されている獣医師グループです。

以下引用です。
国立感染病センターによると犬ブルセラ病は日本の犬の1%から6%が感染している、つまり比較的よくある病気です。市中の犬の17匹から100匹に1匹は犬ブルセラ病陽性犬なのです。ですから今回、行政により陽性犬を殺処分するということは、大変危険な前例を作ってしまうことになります。

「陽性犬は殺処分しなければならないということが行政によって認められた」
ということは、
「日本中すべての陽性犬を殺処分してもよい」 というお札つきを行政が与えたことになります。
前述しましたように犬ブルセラ病は日本の犬の1%から6%が感染している比較的よくある病気です。(日本中の約百万匹の犬が感染済みという説もあります。)驚いたことにあなたのワンちゃんがブルセラ病の可能性も1%から6%もあるのです。

ワンちゃんを病院に連れて行って血液検査した獣医から
「あなたの犬はブルセラ病だから今すぐ殺します」
といわれるようになる可能性があります。
本当はちゃんと不妊手術すれば治る病気なのに、自分のワンちゃんが殺されてしまう、、。
「陽性犬は殺処分しなければならないということが行政によって認められた。」
ということは、つまりそういうことなのです。
私たちまたたび獣医師団の獣医長 山口武雄獣医は過去において日本で集団発生したブルー十字犬ブルセラ病事件においてブルセラ病陽性犬の不妊手術および治療を行った獣医です。山口武雄獣医長の見解は以下の通りです。(ブルー十字事件のブルセラ犬はその後完治しています。)

またたび獣医師団 ブログトップ

獣医師の中からも、犬ブルセラ陽性犬殺処分に対する異論がでてきました。

category: 未分類

△top

仕方がない、それで片付けられない 

 

厚生労働省の「愛玩動物の衛生管理の徹底に関するガイドライン2006 参考と解説」(31P)によると、ブルセラ・カニス(犬ブルセラ症)が日本に入ってきたのが、1970年頃。

海外からの繁殖犬によって持ち込まれたということだ。

現在、犬の数%がブルセラ・カニスに感染していて、今回和泉市の100頭を越える陽性犬が殺処分される決定が行われるほど危険なら、今までどういう感染予防が施行されてきたのか。

私自身、今回のことで初めてブルセラというものを少しは知ることとなった。
ブルセラ症(B・canis)は、繁殖者にとってはそれは恐ろしい病気だと思う。
一旦発生し、繁殖犬すべてに移ったら、繁殖業そのものが壊滅的打撃を受ける。

あるブリーダーの方は、絶対罹患するようなことはしないし、万が一、自分の犬が罹患したら淘汰すべきであり、自分の手で殺すと書かれていた。
ブリーダーとしては、ご立派な覚悟で正論であると思う。

しかし、日本のどれだけのブリーダーがこれだけの覚悟とそれに伴う注意をもって繁殖を行っているのであろう。

今回のような事態になることが、陽性犬達が殺処分という決定が下される前に、この犬達がこんな状態にならない手だてが打たれてきたのだろうか。

ブルセラ・カニスの感染が危険というなら、なぜ、飼い犬全頭、毎年キャリアかどうかの検査を義務化しない?

それ以上に、繁殖する際は、必ず前検査としてブルセラ・カニスのキャリア判定をなぜ義務化しない?

ブルセラ・カニスは今回のように劣悪な繁殖場で感染犬から感染することもあるが、感染犬との交配によって広まっていったほうが多いと判断されるのは当然であろう。
感染した犬から取りあえず無事に生まれた子イヌはキャリアではないのか。

ある獣医師のブログには、ブルセラについて
「国家試験で勉強して以来、お目にかかったことがない。」とあった。

調べるほど、ブルセラ・カニスについて、知ることができるところが少ない、正しく詳しくかいてあるところが少ないと感じた。
書かれているところのソースが殆ど同じで、データもあいまい。

知っているべき保健所、獣医師等でも、羊、豚、牛、犬のブルセラが混同されている。

静岡県のどうみても犬のブルセラ症のQ&Aには、
>Q 人の感染経路にはどのようなものがありますか?
>A 非加熱の生乳やチーズの飲食や、感染動物との接触…

犬のブルセラ症の感染が、非加熱の生乳やチーズの飲食であるんですか?
単純な接触だけであるんですか?

ブルセラ症の発生件数も、犬ブルセラの所に海外で感染してきた他のブルセラ菌による感染数を書いているところが多い。

今回の件にしたって、11月にここの犬達がブルセラ・カニスに感染しているのは判っていたのだから、菌を世に出したくなければなぜその時に厳しい処置をしなかったのか。

大体、今まで日本でブルセラ・カニスに関してどれほどの研究がされてきたのか、相当疑問だ。
殺処分の根拠としても、アメリカでは感染犬は淘汰されているということがでてくる。

厚生労働省HP
  厚生労働省統計資料 我が国の動物由来感染症の患者数

 通達 
   静岡県内の犬繁殖施設におけるイヌブルセラ症の流行について
    (平成15年11月27日 健感発第1127001号)
   静岡県内の犬繁殖施設におけるイヌブルセラ症の流行について
    (平成15年11月27日 事務連絡)
   イヌブルセラ症の発生に関する対応について
    (平成16年1月14日 衛生第246号)
厚生労働省検疫所HP
厚生労働省 健康局 結核感染症課

category: お勉強したこと

tb: 0   cm: 0

△top

ブルセラ・カニス(犬ブルセラ)は、細菌兵器となりうるか ① 

 

ブルセラ症が語られる際、必ず「生物兵器として使用された恐ろしい細菌」という枕詞がついています。
本当にブルセラ・カニスが生物兵器となる細菌なのか考察してみました。

ブルセラ症とひとくくりに呼ばれていますが、ブルセラ属といって、7種類程の細菌がいます。
その中で人間にも感染する4種類がブルセラ症の細菌と言われています。
その4種類は、主に感染する相手によって分かれています。
人に感染して一番重篤な順に
1.Brucella melitensis ブルセラ・メリテンシス (羊・ヤギ・シカに主として感染)
2.Brucella suis  ブルセラ・スイス     (ブタに主として感染)
3.Brucella abortus  ブルセラ・アボルツス  (牛に主として感染)
3.Brucella canis  ブルセラ・カニス     (犬に主として感染)

ブルセラ症がどんな病気かの詳細は省きますが、発熱、発汗、頭痛、背部痛、体力消耗といった風邪に似た症状を現し、それがなかなか治らず、症状を繰り返す。
長期間に渡って発熱の繰り返しや関節痛、疲労感を持続する。
その症状から「波状熱(undulant faver)」の別名があるそうです。
また男性の睾丸炎、精巣上体炎を起こすこともある。
治療をまったくしない場合の死亡率は5%未満。治療の有無の記載が無く2%未満という表記もありました。
人から人への感染はありません。

感染経路としては三つあり、
第一は汚染された物の飲食。
菌が感染主を介してミルク、肉等の中にも出てくるのでそれらを殺菌せずに飲食する場合、最近では海外旅行での飲食が原因となることがあるようです。
第二に、皮膚の傷を通して細菌が侵入する。
直接胎盤等内臓に触れる機会のある解体者、酪農家や獣医師に発生をしやすく商業病的な疾患といわれています。
第三が細菌を吸入する。
細菌を培養するような検査室・実験室での事故。

ブルセラ症は、以前は「マルタ熱」(地中海熱)とも言われていましたが、現在では地名を病名とすることが避けられているようです。
「マルタ熱」は、地中海のマルタ島で、クリミア戦争の際兵士達が、未殺菌のヤギ乳製品の飲食をしたことで「地中海胃性弛張熱(マルタ熱)」を引き起こされたことがわかり、以来その病気のことが「マルタ熱」と呼ばれるようになりました。
このように一番菌としては重篤な症状をもたらす、ブルセラ属の中の羊・ヤギ等に感染するブルセラ・メリテンシスを「マルタ熱」と呼んでいたようです。

ブルセラ・スイス(豚流産菌)は、日本では1936年に輸入豚で発見され1940年以降、国内での発生報告はないそうです。

ブルセラ・アボルツス(牛流産菌)は、日本の牛では現在発生はなく、輸入された牛によって希にもたらせることがあるがワクチンも整備されています。

ブルセラ症は、感染症法4類感染症としての届出義務がありますが、届出は平成11年から平成17年までの間に3例ありました。
1例は、エジプトでの感染(感染経路不明、環境から吸入が疑われる。)
1例は、シリアでの感染(羊肉の接種が原因か?)
後1例は今の所、詳細は判りませんがいずれも海外での感染。
平成13年、ある市営動物公園で日本生まれのシベリアヘラジカの出産介助に立ち会った獣医師5人が、ブルセラ症の疑いがあるとされましたが、原因究明をした結果、オウム病であることが判明しました。

このように現在日本では人への感染例はブルセラ・メリテンシスにしても大変まれな病気といえると思います。

そしてブルセラ・カニス(犬に主として感染する)ですが、ブルセラ属のなかでは他のブルセラ症の原因菌に比べ人への感染する力はそれほど強いものではありません。
水道水で洗い流すだけでかなりの菌が死んでしまうということです。
しかし、一度感染すると菌は細胞の中に入りこんでしまい、薬が効きにくくなる、この点が大きな問題となっているわけです。

日本での現在の感染状況は、全国的調査で3~4%の犬が感染しているようです。
国立感染症研究所データ内資料によると、
K動物愛護センターより入手した犬の血液での抗体検査の結果、
平成15年度は102頭中3頭(2.9%)、16年度は115頭中6頭(5.2%)の犬に感染が認められました。
16年度の6頭中5頭は明らかにペットとして飼われていた犬ということです。

この数字から言っても、ブルセラ・カニスによる犬への感染が他のブルセラ属に比べ、現在の日本で希なことではないことが判ります。
ただ、これが以前からの割合なのか最近になって広まりつつあるのかは判断できません。
またこれだけの犬の感染率のなかで、人への感染報告が今のところ無いのは、この菌の人への感染力の弱さを現していいるとも思えます。
ただ人に感染していても風邪と思われたり、軽い症状で治癒してしまっている可能性もあるそうです。
ワクチンは今の所ありませんが、その発症の無さからつくられる要求がないことが原因のようです。

最近での犬のブルセラ症の集団発生例としては、
平成15年静岡県内の犬繁殖場で114頭中、51頭が抗体陽性が見つかりました。
また沖縄の繁殖場での発生で、で平成17年から18年1月にかけてプードル、パピヨン、ヨーキー、チワワ、8頭のブルセラ症が確認されていますが、いずれも治療を受けたようです。

category: お勉強したこと

tb: 0   cm: 0

△top

ブルセラ・カニス(犬ブルセラ)は、細菌兵器となりうるか ② 

 

さて、生物兵器としてのブルセラ菌についてです。

生物兵器とは、病原微生物による病原性を利用して、人、動物、植物に害を与える兵器です。
現在厚生労働省では、生物テロとして使用されることの可能性の高い病原体・毒素として、炭疽症、天然痘、ペスト、ボツリヌス菌、炭素症の4種類が挙げています。

生物兵器としての条件は、
(1)大量生産が可能なこと
(2)生産法が簡単であること
(3)殺傷力が強力であること
(4)敵にに防御法がないこと
(5)何を使ったかの検出が困難なこと
(6)潜伏期間も武器になること
(7)安定性に富むこと
(8)体内への導入がいろいろなルートから有効なこと
(9)爆弾、砲弾、ミサイル弾頭に入れても適地で爆発したときの熱や高圧の衝撃に耐えうること。
  (以上、特別寄稿:生物兵器  出典:海外医療 (2002年3月号)より 引用)

ブルセラ菌が生物兵器として使用された歴史ですが、
1950年と1951年にユタ州のダグウェイの実験場で、生物兵器爆弾の野外実験が行われました。
その時ブルセラ属菌爆弾がB29から投下され、300匹のモルモットで効果が確かめられました。
アメリカでは1969年、ニクソン大統領により攻撃的生物兵器開発の中止が決定されています。
アメリカ以外にもブルセラ属菌を生物兵器として研究している国もあります。

ブルセラ属菌による生物兵器としての効果は、殺傷能力と言うよりも、繰り返す熱等の風邪に似た症状を繰り返し再発することより、兵隊達の戦意消失、戦えない状態にする目的にあるようです。

このようにブルセラ属菌が生物兵器として実験された歴史があるわけですが、これらに使用されたブルセラ菌はブルセラ・カニス(犬ブルセラ)ではなく、ブルセラ・メリテンシス(羊、ヤギ)、もしくはブルセラ・スイス(豚)と思われます。

生物兵器として利用、研究される目的となる微生物は、上記4種類以外にも多くあります。
また過去に生物戦のために製造、研究された天然毒には、貝毒、ヘビ毒、クモ毒、カビ毒までも含まれます。
特に生物兵器は植物もその目的になりますから、穀類の黒さび病、稲のいもち病も生物兵器となりうるのです。

さてブルセラ・カニス(犬ブルセラ)を、生物兵器として過大に問題視して良いものなのでしょうか。
ブルセラ・カニスが生物兵器として利用されるには、生物兵器の重要条件である、人への感染力の強さが必要という点で、大きな欠点があるからです。
またその感染の症状も、生物兵器としての目的を達するほどの重篤な効果があるとは思えません。
今、犬のブルセラ症が話題になっている中、「細菌兵器として利用された」という表現が犬ブルセラを指すに際しては適当ではないと思います。

これは、ブルセラ・カニスを軽んじても良いということではありません。
あくまでも、生物兵器としてブルセラ・カニスを論じることで、より恐れる必要はないという私の判断です。

《参考サイト》
  横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課 
 国立感染症研究所 感染症情報センター
  大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課
  徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部附属動物実験施設
  おおり医院 医療情報サービス

category: お勉強したこと

tb: 0   cm: 6

△top

直接被害を受けていない方もご協力を 

 

ひろしまドックぱーく被害者の会要望書が加わりました。

直接の被害者として届けることはできないが、捜査機関に捜査の要請をしたい、
そう言う方々は要望書の署名の協力お願いします。
    
ひろしまドッグぱーく被害者の会


              アークエンジェルズの真実
            ~不幸な犬たちを作らないために~

ひろしまドックパーク被害者の会に協力されているHPです。
情報の全てが集められています。
ニュース画像のアップもとても早くしてくださっています。

2/7 広島ホームテレビ Jステーション 「ひろしまドックぱーく~犬と支援金の行方」①
2/7 広島ホームテレビ Jステーション 「ひろしまドックぱーく~犬と支援金の行方」②

category: 広島ドックパーク崩壊

tb: 0   cm: 0

△top

見ることのできない地域の方どうぞ 

 

ひろしまドッグぱーく被害者の会

ムーブ 5日放送分画像です。

 (1) http://www.youtube.com/watch?v=7omHR51T5pI

 (2) http://www.youtube.com/watch?v=ybyqP1q5BCU

 

category: 広島ドックパーク崩壊

tb: 0   cm: 5

△top

この仔たちにできること 

 

大阪府和泉市の繁殖場レスキュー、大阪府がようやく動き始めたようです。

実は、やっと応援ブログを立ち上げたのです。

   「この仔たちにできること」


ここでちょっと、私ごとの言い訳をさせていただきますが、仕事の方が昨年末から特に忙しくて、これは仕事柄例年のことなのですが、11月は23日連続勤務、12月に入って休みはあったのですが、ドックパークにボラに行ったり、また行ったり来たりしてしまい、年末は30日まで仕事。
1月は4日から仕事始めで、結局26日連続勤務でやっと今日休みだったのです。

大阪に住んでいながら、豊中にも行けず、ワンズ達に会うことができませんでした。

大阪府和泉市のことも気になっていましたが、ボランティアにはいけませんでした。

広島の経験から、ボランティアの繋がりの必要性を感じていました。
特に今回は所有権が大阪府に移ったことにより、よりボランティアの方々の意見が重要となったといえます。

そのためにも、ボランティアさん達のサポート及び支援者のまとまるところが必要、更にはブルセラ病について考える場にとも思い、ブログの作成をしようと思ったのですが、結局今日やっと作ることができました。
 
しかし!嬉しいことに「ボランティアの会」が、近々立ち上がるとのことです。
 詳しくは 「Botiboti Life」さんで


ブログ作成が遅きに期したと言うことですが、それまではまたリンク集としてても使ってください。

category: レスキュー

tb: 0   cm: 4

△top

ひろしまドックパーク 物資搬出の様子が 

 

ナナパパさんのブログ
    わんダフルLIFE  にひろしまドックぱーくから物資が運び出される様子がアップされています。

大型トラック何台分にもなる善意のかたまり。

せめて、今、困窮を極めている 同じ 大阪府の犬に、めぐんで欲しい。

無駄にしないで、犬が生きる道に使ってください。

お願いです。   


この犬たちをどう生かす のか、大阪府の動向の雲行きが怪しくなっています。             

category: 未分類

tb: 0   cm: 8

△top