FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

明日は第二回裁判です。 

 

6月1日、2回目の「ボランティア基金返還等請求訴訟」の裁判が行われます。
行くだけで誰でも傍聴できます。

  【裁 判】
  6月1日午前10時30分
  大阪地方裁判所808号法廷

動物の愛護とか保護とか、殆ど考えることもなかった普通の人たちが、これはおかしいと普通の感覚で疑問を持ち、これからの保護活動に与える影響を考えると、このままではいけないと起こした裁判だと思います。

裁判とは別に、やはり沢山の方々が「おかしい」と思われています。

ひろしまドックぱーく原告の会
ひろしまドックぱーく被害者の会

アークエンジェルズの真実
Deep Suspicion
アーク・エンジェルズの!?!?!?
このまま黙っていられるか
もっこりん星からの刺客-「もっこり探偵団」
La ronde
ミニブタ物語 ミニブタぱーく崩壊
本日のAA関連
AAの疑問 すぐわかるひろしまドックぱーくQ&A
◆風化させないぞ!ひろしまドックぱーく事件◆
年表ならぬ日表
ひろしまドックぱーくボランティアまとめサイト
払拭できないAAへの疑念
 (順不同です。
  今回、各サイト様に事前リンクのお願いをしていませんことをお詫びいたします。)

相変わらず見守る程度のことしかできませんが、何もできなくとも多くの人がこれからの動物保護を考えながら、ただ見守ることも、大切なことではないかと思っています。

category: 広島ドックパーク崩壊

tb: 0   cm: 0

△top

ペーパー・ドライバー 

 

運転免許を取得してから、ペーパードライバー歴、二十何年。
運転出来なかったのは、車を持つ経済力が無かったという時期が長きに渡っていた、ということが大きな理由ではありました。
でもさすがこれだけ運転していないと、なかなか恐怖心を克服できなかったこともさらに大きな原因でした。

それでも、今運転できるようにならなければ、これから先、歳を取るだけ無理になるとの思い、母の病院通いのことも思い、なんとか運転できるようになりたいと、3、4年前にペーパードライバーの個人レッスンを受けて、とりあえずは運転できるようになったのです。
が、その直後、飲んだ弟に替わり家族全員を乗せ、家までの短い距離を帰る間中、家族みんなの心臓が口から出そうになり、それ以上に私自身、全員にやいのやいの言われたことがトラウマになり、それ以来また運転ができなくなっていました。

まあ、その時点で弟の車を借りて運転するしか、運転チャンスが無かったので、益々運転する機会は無かったのです。

2年程前に弟の車をゆずって貰って、自分の車を手に入れ、やっと運転することはできるようになったのですが、それでもなかなか練習する時間もなく、またそれを理由に恐怖感を克服することもできずいました。

やっと時間を作り再びペーパードライバーの個人レッスンを受け他のが去年の10月。
そしてそれからまた運転しないでこの春を迎えてしまいました。

でもそれらの間、弟が胆石の痛みで苦しみながら自分で運転している時も、私は助手席。
母の通院もタクシー。

それよりも何よりも、リューと一緒に何処かに行きたい時も、弟に運んで貰わなくてはならないというのも中々辛いものではありました。

オホッホ!遂にやりました!


ペーパードライバー克服!

この春から時間を見つけ、こつこつと練習を重ねて来ました。
まずはバックで駐車の練習ばかり、次の日は、家の周りを恐る恐るぐるりと一回り。
近所へと足を伸ばし、近隣の市をまわり。
そして遂に、目標だった「リューを一人でドックランに連れて行く。」を達成。

駐車場で記念写真。

堺市の「海とのふれあい広場」のドックラン。
家から、35キロ弱の距離ですが、間に梅田、難波を通り過ぎ、大阪市を縦断しなければいけません。

朝、9時半過ぎのドックラン、小型犬コーナーは他に犬がおらず、貸し切りで遊べました。
でも、リューはドックランでオフリードにするとなぜかぴったりくっついて歩くか、せいぜい臭いかぎをするだけ、ボールにも興味なし。

少しの間、ドックラン内をふらふらとしてから、リードを付けて公園を散策すると、うってかわって生き生きと勝手気ままに走りまわっていました。

帰りは、天王寺方面から帰宅、途中車窓から大阪の名所、通天閣が望めました。

category: 犬とのつきあい

△top

やっと、トリミング・テーブルを 

 


ついに買っちゃいました、トリミング・テーブル。
もう何年も、買おうかどうしようか迷っていたのです。

かさばるし、それなりに高いし、もし使わなかったら…。

最近リューの右脇腹あたりの毛玉が酷く、それも梳かそうとしても、リューが上手に床に腹の部分をつけるように隠して、なかなか梳かせなかったのです。
手で触ると、固まったフエルト状になってます。

やっと決心して通販で購入。

やりやす~い!

はさみも使い、頑固な毛玉を取り去ることができました。
綺麗にコーミングしたあとは、勢いでシャンプーも。
ドライヤーも、随分楽。
なんせ、イヤになって何処かにいってしまうリューを追いかけなくていいんですから。

category: 健康

tb: 0   cm: 4

△top

タオル泥棒 

 

ちょっと目を離すと、カウンターの上のタオルを盗んで

破いたらダメです。

category: リュー

tb: 0   cm: 6

△top

リュー、スヌード 

 

耳長ワンの必需品のスヌード。
御飯の時、器の中に耳が入らないように、
散歩の時、地面に耳が擦らないように、スヌードやシュシュで防御します。

ちょっとお嬢様風

シュシュで、ちょっとメイド風





ちょっと…


泥棒?ねずみ男?






category: 未分類

tb: 0   cm: 6

△top

頂戴! 

 


相変わらず、やってます。

「頂戴!」

これは永遠の課題の一つですね。

category: リュー

tb: 0   cm: 6

△top

ちょっと目を離すと 

 

リューは、私がお風呂に入っている間、誰か部屋にいて見張っていられるときは室内フリーなので、洗面所のドアの前で寝て待ってるんです。
でも、夜中皆寝静まってから入るときは、サークルの中で待っていてもらいます。

リューは見ていないと悪ですからね、完全室内フリーにはしておけないのです。
サークルと言っても、リビングを三分の一ほど、座卓をぐるっと大きく囲んでいて、中に座椅子が二つあり、一つはリュー、一つは殆ど私がPCをするために使っています。
座卓の上には、ノートパソコン、HD、wii、リモコン類、雑誌、PCの資料等が乗っています。
サークルの中にはリューのケージやトイレもあります。

今晩も、サークルの中にいるリューに、
「お風呂、入ってくるからね、待っててね。」と声をかけて納得させたつもりだったんです。
納得していないと、私がお風呂に入っている間中、右左、右左、狼や熊のように動いているのです。

今晩はお風呂と言ってもシャワーだったので、烏の行水、ほんの何分でもありませんでした。

シャワーを出て、体を拭きながら、じっと耳をすますと、
もし、右左に動いていたら、その足音がダダッダ、ダダッダと聞こえてくるのです。

「??」
今晩は足音は聞こえてきません。
でも何か、おかしい。

そっとドアから覗くと、

かがみ込んでなにかやってます。

「あー!!リュー、なにやってんの!!!」

どこから、見つけたのか、紙をビリビリに破いて、くちゃくちゃ噛んでるのです。



普段は、座卓の上にあるものには、口をだしません。
ただ、これはいつもあるものであって、変わった物、ティッシュ、紙製品、タオル類は絶対に狙われます。

今日はPC関係の資料を入れてあるクリアホルダーに挟んであった、パスワードなどをメモ書きした紙を、きっとそれだけ口でくわえてそっと抜き出したにちがいありません。
今まで触ったことがなかったんですけどね。

「もう!大事なパスワードなのに。」
仕方ないので、紙を拾い集めてジクソーパズルのように並べてみました。
なんとか解読、できたかなあ。

category: リュー

tb: 0   cm: 6

△top

国営明石海峡公園 

 

パソコンの調子が悪くて、なかなかブログのアップまでたどりつけない今日この頃です。

ワン連れで入れる公園、なかなかありませんよね。
連休の始め、4月30日に淡路島にある「国営明石海峡公園」に行ってきました。
ワン連れでのんびり美しい公園を散策するには、とても良い所でした。

ワン飼いみんながマナーを守って、数少ないワン入園OKの公園を守っていきたいですね。

そうそう、近くにある「あわじ花さじき」
ここは公園ではないのですが、やはりワンも入れます。
春真っ盛り、花真っ盛りでした。

category: つれずれに

tb: 0   cm: 8

△top

しんあさひ風車村のドックラン 

 

もう随分前になってしまいましたが、4月8日、滋賀県高島市にあるドックランにお花見がてら行ってきました。
ここは「しんあさひ風車村」という道の駅ですが、オートキャンプ場あり、釣り堀、グランドゴルフ、菖蒲園、そしてドックラン有りといった、琵琶湖畔にある小さななんでもありのリゾート・ゾーンと言ったところです。
雰囲気的に言うと、一昔前「探偵ナイトスクープ」の小枝さんがやっていたネタ、パラダイスっぽいかもしれません。

さあ、桜は今一の中、何故か敷地内は犬だめの表示があったので、(立ち入らないとドックランへはいけないんだけど。)とりあえす、隅っこでお弁当をこそこそとすませ、目的のドックランへ。

敷地全体の広さから言うと、「なんだあ、こんなもんか」という広さだったけど、折角行ったので入ってみました。
リューは、しばらくはオンリードのまま、様子をみます。
わらわらと、先客のワン達が挨拶にやって来ます。

ちゃんと、お互いに臭いかぎもできて、大分進歩しているぞ、よしよし。

しかし、リュー!
自分より、小さいとみるとマウンティングをするような仕草に!
許しませんぞ。
大きい子にはいないフリする癖に。

オンリードのまま、登ったり、飛んだり。
「ボク、上手に渡れるんだ!」

やっとオフリードにして、

「楽しい?」

ゴールデンの元気な子がいて、元気というのはちょっと良い言い方で、その子は全員をワンワンと追いかけ回して、ワンワン、ギャンギャン喧嘩もどきにになっていたのだけど、ついにリューもその餌食に!

リュー、ただ逃げればいいのに振り返ってしまった。
よく小学校の徒競走で、振り返ったら追いつかれていたみたいな感じで、吠えかかるゴールデンに上から覆い被さるようにされれしまった。
その途端、上を向いて、キャイーンと情けない声をあげたリュー。

ゴールデンの飼い主さんがやっと自分の飼い犬に追いつき、引きはがしてくれた。
ゴールデン君もそれ以上の攻撃性は無かったので、どうってことはなかったんだけどね。

その後、その飼い主さん、リューにゴメンねと誤ってくれたんだけど、どうなんだろう。
ああいう風に他犬を追いかけることは、リューだったら絶対させない。
それほど攻撃的ではないけれど、遊びで誘って負いかけっこという雰囲気でもなかった。
もちろん、先に他犬を追っている様子をみて、リューも追いかけられるだろうと思ったし、ただ、たとえ追いかけられてもその犬の様子では、それほど大事になるとも思えなかったので、リューをオフリードにしたのも事実です。

リューにとっては、そういう風にやられるのも勉強になるとも思っていて、ちゃんと負けを体で表すことができることも確認出来たし。それはそれで良かったのですが。

category: リュー

tb: 0   cm: 5

△top