FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

業務連絡 

 

PCのトラブルで、ネット落ちしています。
復旧は、27日前後の予定です。

その間、更新もできないのですが、本アドメールも確認できません。
ヤフーの方は確認できますので、ご用の方は右下にあるアドレスまでお願いいたします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

お花見、行きましたよ!第三弾 またかよ編 

 

日曜日、先週人混みを予想して断念した「哲学の道」に再挑戦。
行ってきました。

川端通りの桜は1週間の間の雨で、殆どが散ってしまいあの美しさを見ることはできませんでしたが、まだまだ桜は沢山咲いていましたよ。

まずは平安神宮のある岡崎公園に向かいました。
平安神宮を巡る岡崎疎水に桜の中をめぐる観光船が運行されていました。
こんな船があるとは始めて知りました。
ゆったりとお花見が出来て楽しそうですね。

平安神宮入り口のしだれ桜。

ここに来たのは桜が目的ではなく、遅い昼食にお蕎麦を食べにきたのです。

奥は親子丼と、えっーと、名前は確か石巻だったか、海苔が一面に乗っていてその上に、ネギとワサビがトッピングされたものです。
私は天麩羅そばの定食、お約束メニューですが、私が天麩羅そばを食べるのは珍しいのです。
でも楽しみにしていたゴマ豆腐が普通のお豆腐になっていました。
今までは美味しいゴマ豆腐がついていたのに、なんでだろう。
いつもお土産に買って帰っていたのに、この日はありませんでした。

ちょっと離れた席で、外国の観光客らしき方々数人が、
案内の方(その方も外国人でしたが、日本に住んでいる感じ。)と、
お蕎麦やおうどんを召し上がっていました。
そこでちょっと驚きの食べ方を見てしまいました。


一人がおうどんにケチャップを大量にかけて食べているのです。
お店で用意されていたのか、自分で持ち歩いているのか。
お店が用意しているとしたら、それはそれで感心してしまいます。

お腹いっぱいになったところで、やっと「哲学の道」へ。

京都の人気観光地、賑わっていますね。

観光地として話題になり始めた、もう30年以上も前は静かな高級住宅地の中を流れる美しい疎水という感じだったのですが、今ではおみやげ屋さんも増えました。
それでも嵐山に比べればまだまだ良い雰囲気の所です。

リューも桜をバックに記念写真。

何という桜なのでしょうか? 桜も種類が沢山あるようです。
それぞれの名が判ったらもっと楽しめるでしょうね。

猫グッズの店先に可愛い袋がかけてありました。

結局、この袋、買ってしまいました。
私、昔は猫グッズを集めていたのですが、あまりに猫にまつわるものが多いので最近では止めてます。

面白い猫の絵はがきも沢山売っています。


「哲学の道」をアニメのコスプレ?行列が向こうから歩いてきます。
手を振ってくれました。

何だったんでしょう?

category: つれずれに

tb: 0   cm: 6

△top

お花見、行きましたよ!第二弾 

 

相当遅れたネタですが、京都の宝ヶ池に行った次の日のこと。
ベランダの植木の土を替えたりしているうちに、お昼近くになって、またもや何処かに行こうと言うことになりました。

ではではと、私からの提案で、知り合いから通りがかりに桜とユキヤナギが美しかったと聞いた大阪府営「寝屋川公園」へ向かいました。
またもやお弁当の用意をしていないので、途中でホカ弁でも買おうと思っていたのですが、
なかなか適当なお店がありません。
そうこうしているうちに、あっという間に公園に着いてしまいました。
公園の近辺を周わってもお店がなく、仕方なく寝屋川駅方面にホカ弁屋さんを探しながら向かいました。

その途中通り掛かった打上川治水公園も桜が美しく、芝生広場もあって犬連れのピクニックには良さそうでしたが駐車場が無さそうなのが残念。

結局寝屋川駅近くまできてやっとホカ弁屋さんを見つけることが出来、コインパーキングに車を止め、お店の前に行くと、「準備中」。
諦めきれず、中に入って聞くと、御飯が売り切れてしまったとのことでした。

寝屋川駅近くの吉野屋さんでやっと牛丼ととん汁を手に入れ、お花見開始。
さくら 満開、満開。

「桜ばかりでなく、ボクも撮ってください。」


沢山の人がいたり、直ぐ横で子供達がきゃあきゃあと楽しそうに遊んで、リューの前や横を行ったり来たり。
緊張と暑さで、ハア、ハア。
「青空と桜とユキヤナギ、綺麗なのですが、ボクは暑いです。」

頭が熱くなっているので帽子を貸してあげました。

でもすぐに落とすので役には立ちませんでしたけどね。

category: つれずれに

tb: 0   cm: 4

△top

お花見、行きましたよ! 

 

この土日は、やっとやっと、ほぼ一月振りのお休みでした。
空は青空、桜も真っ盛り、行く当てがなくても

「行かなくては!お花見!」

土曜日、取りあえず京都方面へ

名神の京都南を下りるときから、渋滞、渋滞…。
そりゃ、春休み、快晴、桜と揃っていれば京都に人が集まるのは当たり前。

お弁当ももっていないので、京都駅の伊勢丹に立ち寄りお花見弁当をゲット。

目的地も定まらないまま、川端通りを北上すると、川沿いの桜が見事に咲いていました。
車から桜を眺めていると、舞妓さんがお花見をしながらそぞろ歩いていているではありませんか!

京都といってもそう舞妓さんに巡り会うチャンスがあるわけではないのに、
桜と綺麗な舞妓さん、遠目ではありますが幸運なことでした。

犬連れで、京都市内でお花見が出来るところといえば、円山公園ぐらいしか思いつかなかったのですが、この日、円山公園に車を止めるなんて絶対無理。

哲学の道、もっと無理無理。

鴨川の桜をめでながら、あてもなくどんどん北上する内、結局到着したのは大文字焼きの妙法の文字がある宝ヶ池公園。
そこも駐車場では並んだのですが、もう3時近くにもなっていたので、なんとか駐車できました。

国際会議場があるところです。

やっとお弁当

前もって予定していないので手作りではないのがちょっと恥ですが、美味しかったです。

鬼気迫る馬の彫刻がありました。


周りにはミツバツツジがたくさんあったのですが、まだまだ蕾で、これが満開だったらまた桜とは違った美しさに包まれていたでしょう。ちょっと残念でした。

公園猫?人なつこく、直ぐに寄ってきた黒い猫。
白髪が多くもう結構なお年なんでしょうか。

黒い猫を構っていたら、それを見ていたのか茶色い猫がやってきました。

目の所を少し怪我してます。喧嘩したのかな。

その猫の姿をみると黒い猫は植え込みの影に逃げ込んでしまいました。
人が構って良いのは、自分だけという態度です。

池の周りを一周してきて、「やっとボクもお花見したよ。」


帰りがけ車窓から眺めていると、昭和の時代に帰ったような商店街が続く町並みが続く所がありました。
最近はどこも昔ながらの商店街が衰退していますが、京都ではまだまだ個人商店が頑張っているようです。
お店に寄っては行列ができているところもありました。
町中なのに、酒屋さんと果物屋さんが同じお店。




category: つれずれに

tb: 0   cm: 7

△top

モヒモヒ 

 


本性でてるでしょう?
このワルワルな顔。

でも直ぐに自分であちこちにこすりつけ七三分けにして、よい子のフリをするんです。

category: リュー

tb: 0   cm: 0

△top