FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

経過は良好 

 

8月3日、眼科専門医、5日耳鼻科専門医受診を済ませた6日の土曜日は仕事に出勤していました。
その帰りの電車の中で母からの電話。

  「今、電車の中。」
  「リューが、三回も吐いて…、」

駅についてから改めて聞いてみると、

「一回目、二回目は朝食べたドックフードがそのままごっそり出て、三回目は卵の白身みたいなドロッとしたものがでて、今までそんなもの見たことがない。」と母。

抗生物質の影響がでてきたかなと思いつつ家に帰り、どうするかなあと時計を見ると、4時半過ぎ。
眼科では、おう吐等があったら連絡するようにと言われていたのですが、土曜日の診察時間は終了していました。
ホームドクターの方の診察は次の月曜日の予定でしたが、まだ診察時間でしたのでそちらを受診することにしました。

先生に、眼科専門医を受診したこと、耳鼻科専門医にも行ってきたことを報告すると、
眼科専門医からは電話で報告をうけていると言われびっくり。

耳鼻科専門医に紹介状を書いて欲しいと言ったのだが、うやむやの内に書いてもらえなかったこと、
ステロイド剤と、抗生物質の点耳薬をたくさんもらってきたことを報告。
先生は、「ほとんどの抗生物質が効かないことを言ったのでしょう?」と抗生物質の点耳薬を処方されたことに首を傾げていらしたけど、それぞれの先生に処方があるでしょうからと、そのまま点耳薬を使いながら経過を見ることとなりました。

おう吐に関しては、胃薬を処方され、薬は続けることとなりました。

その後、またおう吐があったので食事回数を一日三度にしたり、トッピングを止めてみたり、フードは特に良くふやかしたりと、なんとか薬も続けてきました。


8月13日土曜日、また一週間後のホームドクター受診日。
おう吐や吐き戻しがあったものの、薬は続けられていること、皮膚もまあまあ順調に回復していることを報告。
同じ胃薬を処方され、本当は日に二度服用だが、私の裁量で一日一度の日があっても良いということでした。

皮膚は一週間に一度、ノルバサンとノルバサンサージカルスクラブを半量ずづ混ぜたもので10分待つシャンプー、自然乾燥。
毎日、患部だけ、ノルバサンサージカルスクラブをつけて10分待つシャンプーを繰り返しています。
あ、それからゲーベンクリーム、ステロイド剤の塗布も続けてきました。
但し、症状が良くなってきている箇所はシャンプーだけです。

今、一番悪い所の状態。

IMG_0001 (300x400)

本当に悪い時の写真を撮っていなかったので、比較ができないのですが赤みが取れて、毛が生えてきています。

ここは5月からずっと薬を塗り続けていたのに、3か月以上ずっとピンクマウスの肌の様に毛が抜けて、エリザベスカラーをつけていなければ、舐め続けていた所。
IMG_0003 (300x400)

真ん中の所がうっすらとピンクですが、その面影があるかないか判らないほど、毛が生えてきました。


眼は角膜の浮腫による白濁はあるものの、その程度は少しましになり、白目の充血はこんなに綺麗になりました。
これも、一番悪い時の写真が無いので、
(そんな状態の時はとてもじゃないけど、写真を撮る気持ちになれなかった。)
比較対象がないので判りづらいですが、本当に血がでているんじゃないかと思うほど、真っ赤でした。
視力もかなり回復しているような感じです。

IMG_0010 (300x400)

鼻と目の間にあった10円ハゲのような病巣も毛がやっと生えてきて、いい男のリューに戻ってます。

IMG_0009 (300x400)

category: リュー

tb: 0   cm: 0

△top

リューの耳鼻科専門クリニック受診 その6 

 

私の覚書としての記録ですので、記憶違い等があるかもしれません。


8月3日(水曜日)に眼科専門クリニックの受診がやっとでき、白目の充血、黒目の白濁の原因、治療方針が決まったので、次のホームドクター受診までの間に耳鼻科受診も済ませ、できたら紹介状も書いてもらおうと8月5日(金曜日)耳鼻科専門クリニックに行ってきました。

7月23日、耳鼻科専門クリニックを退院の際、先生は心電図に異常がでていたこと、尿に結石がでていたことを伝えてくれた後、家に帰ってから点耳薬がなくなったら、郵送もできると言われました。

リューの耳は症状は治まって良い状態になってはいますが、完治したわけではないので、その後の治療に関してどうするのか良く解りませんでした。
その辺が疑問でしたので「定期的な洗浄をした方がいいのでしょうか?」と聞いてみたところ、「それはした方が良いでしょう」という返事だったので、洗浄の予約を入れたのでした。

予約時間少し前に到着。
体重測定後に診察室に入り、退院後の新たなホームドクターが決まったこと、抗生物質が殆ど効かないこと等、また眼科専門クリニックを受診し、病状、治療等の説明をした上、もし安定しているようなら紹介状を書いて欲しいと申し出ました。

先生は、こちらでも耳の細菌チェックをすると言われ、リューは治療室に連れて行かれ、私たちは待合室で待つことになりました。

待合室で待っている間、治療室をガラス越しに覗くとリューは大人しく横になって洗浄を受けているようです。

治療を終えての説明では、右耳はまた少し耳垢が溜まっていたこと、左耳はやっと開いていた穴がまた塞がってしまっていたということでした。

右耳は先生の指示で家では一度も、洗浄薬で洗浄等はしていなかったので、少し耳垢がたまっているのは自然なことだと思います。
左耳がまた塞がってしまったのは、正直がっかりでしたが、毎日のケアのせいか綺麗な状態でした。

治療を終え、一般の獣医には置いていない薬ということで、3本のステロイド剤の点耳薬、6本の抗生物質の点耳薬が処方されました。
無くなったら郵送も可能ということでした。

以上で今回の耳鼻科専門クリニックの受診は終了となりました。

P1120780 (400x300)
P1120781 (400x300)

今年の夏は暑いにょ。かき氷は格別だべ。
P1120791 (400x300)

category: 健康

tb: 0   cm: 0

△top

やっと眼科専門クリニック受診 

 

私の覚書としての記録ですので、記憶違い等があるかもしれません。
また、箇条書き的になっています。


8月3日にやっと眼科専門クリニックの診察を受けることができました。
我が家のごく近くに専門クリニックがあったのはラッキーでした、耳鼻科は遠かったですからね。
今回も、今までの受診記録、特に最近の病状、治療経過等を書いた一覧表と、各種検査結果のコピー、今、手元にある薬を全部持参しました。

最初に一般的な問診票を書き、受付を済ませしばし待っていると、リューと私は奥にある診察室に呼ばれました。

いきなり院長の診察ではなく、別の獣医師に問診、予備検査をしていただき、その結果を踏まえ、院長の診察、診断という段取りでした。

獣医師は、話しやすい明るい感じの方で、飼い主や犬に緊張感を持たせず、てきぱきと検査を進め、その都度、飼い主も同時にモニター画面を見ながら状態を説明してくれました。


まず、どこでリューを手に入れましたかという質問で始まった問診の後、持参した薬の全部の名前と残量をメモしていよいよ実際の検査が始まります。

最初のテストは指を目の前で動かし、目の反応をみることでした。

  「眼は見えていますね、でも瞼が完全に閉じていませんね。
   リューちゃん、寝ている時目を少し開けていませんか?」

確かに、眼を驚かすように指を動かしても、パチッと目を閉じるのですが、完全に閉じていないのが判りました。普段の生活で気がついていないことでした。
寝ている間も、眼をちゃんと閉じないで寝ていることも多いことに気がつきました。


実際の検査の順番と記憶が違っているかもしれませんが、記憶の限りの検査と結果を書いておくことにします。

  ・シルマーティア検査
   左右の目の涙量を測りました。
   左は9mm、右の方が悪くて最初は0と言われたのですが、後で5mmと訂正されました。
   正常値が15mmなので両目ともドライアイということです。

  ・眼圧検査
   両目とも4.幾つかで、かなり眼圧は低い。

  ・フルオレス染色試験
   これは過去にもやったことがあるのですが、黄緑色の液体で角膜を染めて傷がないかを
   調べたのですが、傷はありませんでした。

  ・ローズベンガル染色試験
   赤い色の液体で結膜の状態を調べたのですが、これは少し赤い部分というより、
   黒く霞がかかったようなところが見えました。

  ・検査の名前は判らないのですが、角膜の表面に光を当てて、角膜の厚さが光の線で
   角膜の表面にあらわれ、それを画像で確認できました。
   リューの角膜は一定ではなく2倍くらいに膨らんでいるところがありました。

また、最初の方の画像診断で、角膜を大きく拡大したものを見たのですが、涙が足りないので、その栄養不足を補うため、毛細血管のような血管が角膜の淵から中に向かって、細かく走っていました。
眼底は、眼が白濁しているために見えませんでした。

マイボーム腺も閉鎖していて油分の分泌も不足していました。

これらの結果を踏まえ、一旦、待合室で待機した後、院長の診察となりました。

事前に行われた検査と同様の検査を行い、画像を記録しながら説明してくださり、その後メモに書きながらリューの診察結果とこれからの治療計画の話となりました。

リューの眼は、涙の不足によるドライアイ(乾性角膜炎)で、眼の表面の疾患であり、眼の中の疾患よりはアプローチしやすい。

角膜の一番底の内皮が減少してそこから角膜に水分が侵入して浮腫を起こしている。

  なぜ、ドライアイになっているか?

  ① 涙はできているのに、出口である涙腺に炎症が起きている涙腺炎。
  ② 神経性のもので、涙そのものができていない。→ 顔面神経麻痺
     顔面神経麻痺の原因は、外耳炎、原因不明のことも多い。

ここで、またもやでてきました外耳炎。

瞼がきちんと閉じないのは、顔面神経麻痺の症状がでているようです。
そう聞いて、その時気がつきました。最近、ご飯の食べ方が下手になっていたのです。

 治 療

治療としては、ワンクリーン(洗浄剤)で目を洗浄し、乾性角膜炎治療薬のオプティミューン眼軟膏、ネオマイシン抗菌剤の眼軟膏の二種を一日三回点眼する。

そして、皮膚の状態も鑑み、ODXYの抗生物質を朝、夕、二回、30日間服用するということでした。

先に新しい主治医から抗生物質の耐性のことを先生に告げるように言われたこと、
皮膚に関してはODXYを使わない方針であることを告げたのですが、
「えっ、どうしよう!」と明るく言われたものの、今のリューには必要と判断されたようです。


内容に関係のない可愛いアタの写真

DSC_0182 (400x267)

category: 健康

tb: 0   cm: 0

△top

結石ではなかったよ。 

 

            ※8月4日追記

8月1日月曜日、初めての病院で診察してもらってから一週間後の診察を受けてきました。

診察結果の前に、この一週間のリューの様子です。

食欲旺盛、それにしてはちょっと痩せ気味で11.0㎏位。
一番体重があった時は13.6㎏位だったのですが、今は11.5㎏前後をベストとしています。
膀胱のためにも、ドライフードはしっかりふやかし、ワンコ雑炊はまだトッピング程度ですが水分たっぷりのご飯を食べています。

耳は綺麗な状態が続いています。
一日一回、ミミピュア点耳、トリス-EDTAオチックで洗浄、抗生物質点耳を続けています。

皮膚は、炎症を起こしている部分のみノルバサンサージカルスクラブをつけて10分間置いてからすすぐシャンプーを一日1回。
対象部分を綺麗にしてから、ケーベンクリームを塗ることを一日2回。
シャンプーは、普通のノルバサンとサージカルスクラブを半々に混ぜたもので行っています。
結果は、かなり綺麗に治った部分とまだまだな部分があります。

眼は、ジクロスター点眼薬を一日に3回点眼するようになってから、白目の部分の充血がかなり消えたようです。

リューの体調、元気さは耳鼻科専門クリニックで耳洗浄を受ける前に比べれば、格段に良くなっています。
ちょっとした段差も降りられない位見えない、頭を傾げてフラフラ歩く、気を失ったように寝てばかりいる、耳を触っただけで悲鳴を上げる等々。
そんな状態からは抜け出すことができています。

さてさて、再診報告です。

先生 「心臓は継続して薬を飲んでいくということで、尿の検査結果ですが…、」

尿の検査は、新鮮、清潔な尿で検査するために、
病院までおしっこをさせないようにずっと抱っこで来て、
先にち○ち○(まあ、伏せ字にすることもないと思うのですが念のため)の先を綺麗に洗浄していただき、
清潔な膿盆をおかりして採尿しました。
リュー、いつもならシッコしまくるのに、洗浄されたせいか、膿盆を持っている私を怪しんでか、
中々しなくて、暑い中、行ったり来たり大変でした。
それでもやっと採った尿で再検査していただきました。

赤血球、白血球、細菌、…、   とにかく何にも無し
結石の元の量が少し多いくらい。
(検査結果の用紙を見ながらの説明でしたが、その用紙を頂いてくるのを忘れました。)

「結石ではありません。」という結果でした。

前回の検査結果と全く違うので驚きでしたが、結石ではなかったことにはホットしました。
やはり、包皮炎の影響が大きかったのか、膀胱炎が治っていたのかと思います。

次に、皮膚の〈クイック薬剤感受性試験結果〉の報告は、

  先生 「抗生物質は殆ど全滅でした。唯一ODXYというのみプラスです。」

立って結果を見ながら聞いていたのですが、へなへなと椅子に座りたくなってしまいました。

  先生 「本当は使える抗生物質をガツンと使って菌を叩いていくつもりだったのですが、
       使える抗生物質がありません。
       ODXYも耐性ができるのが早いのでこれがだめになってしまうと、
       何かの時に使える抗生物質がなくなってしまいます。
       なので抗生物質は使わず、今までの洗浄・消毒という方法を継続していきましょう。
       ただ、今回から赤みのあるところだけにステロイド剤を使っていきましょう。」

嬉しい結果と、残念な結果でした。

ただ抗生物質マイナス結果にしても、時間が経つとプラスに変わることもあるので、
期待はあるということでした。
それを聞いて私も「そうですよね! 私も膀胱炎で耐性(クラビット耐性)ができてダメになったことがあるのですが、
次の検査では大丈夫だったことがあります!!」と。
先生にちょっと困り顔をさせてしまいました。

また驚いたのが、リューは食物によるアレルギー性皮膚炎はないと言われたことでした。
皮膚の湿疹の出方が全く違う、リューの場合はスポット的にでているが、アレルギーの場合は出る場所一帯に病変がでているそうです。

そのことに関連して、今回は必ず聞いておこうと思っていたのが、食べ物のことでした。

  私  「食物アレルギーでないなら、ワンコぞうすいを作ってフードと
        半々ぐらいでやりたいのですが、いいですか?」

  先生 「大丈夫ですよ。」

  私  「実は前医師は、ドライフードは完全栄養食なので、ドライフードのみで
       他のものをやってはいけないと言われていたのです。」

  先生 「僕は、ドライフードが完全栄養食だとは決して思いません。
       手作り食が完全な栄養バランスでできていたら、そのほうが良いのです。
       ただ、完全な栄養バランスというのが難しいだけで。
       ドライフードを固いままで、かまずに飲み込む方が良くない。       
       手作り食でも、きちんと血液検査などで体の状態をチェックしながらなら、
       良いと思います。」

       「ただ、生肉だけは避けておいた方が良いでしょう。

先生が言われるには、以前、生肉食が流行ったときに、次から次と、おう吐や下血で来院した犬がおり、人間でいえば、O157に感染したような状況で死にかけた犬もいたそうです。
犬は生肉を食べていたと言うけど、ずっと人間と一緒に暮らして進化してきたのだから、生肉を食べない生活が長い、生肉の酵素と言っても胃に入ってしまえば生きていられないといった主旨のことを教えてくださいました。

これで、鹿肉も使ってワンコ雑炊がつくれるぞ!!


   ☆新しいエリザベスカラー☆
  
P1120761 (300x400)


      パイナップル君

   P1120751 (400x300)
リューの口の長さにしては少し短いですが、ソフトな素材でできているので、一日着けていている場合には負担が少なそう。

category: 健康

tb: 0   cm: 0

△top

新しい病院に その7 「眼」 

 

リューの眼は、角膜が白濁し、白目が真っ赤に充血しています。
これも、月一度から二週に一度の通院で診て貰っていたのです。

「白濁、充血はなんらかの原因でなっているのだろう、耳の炎症からかもしれない。」
というのが、以前のかかりつけ医の診断で、5月13日には、ドライアイの検査をし、
タリビット眼軟膏、潤いの目薬を処方されていました。

実は外耳炎に関して専門医を捜していた頃、眼に対しても疑いを持ち眼科専門医も探し、
診察の予約を入れていました。
やはり眼科専門医の受診を希望する飼い主さんも多く、予約の取れたのが3週間後でした。
やっとその日が来ると言う時に、耳鼻科にリューが入院してしまい予約を先に伸ばさざるを
得なくなっていました。

前に書いた通り、セカンド・オピニオンを受けるのは眼科専門医の診察を受けてからとも
思ったのですが、二重の診察になろうと、先にこちらの病院の診察を受けたのです。

  先生 「眼全体が白濁しているし、充血も酷い。
       タリビットを毎日点眼しているのですか?」

  私  「はい。」

  先生 「これだけの期間点していて効いていないのは、
      タリビットの耐性菌になっていますね。」

またもや!!(涙)

この頃は頭がぼうっとしてきていたので、先生の言葉もよく聞き取れなくなっていたようで、
「眼科は専門ではないので」、若しくは「ここまで酷いのは診られない。」
といったことを言われ、「眼科専門医を紹介します。」と言ってくれました。

    私 「告白しますと、眼科専門医に既に予約をいれてあるのです。」
   先生 「どこの?」

   私 部屋の後ろをおずおずと指さしながら、「箕面船場の…」

  先生 「あー、○○先生ね。
       アメリカでも勉強してきて、あの先生に治せなかったら、
日本中どこの先生にも治せない。」

少なくとも眼科専門医に診て貰うのは間違いではなかったようです。

箕面船場の先生に診て貰うまでの間、タリビット眼軟膏を止めるのは、
またもや当然(怒)として、それまでの繋ぎで一日3回の点眼目薬を
2種処方されました。

いささか、放心状態の私の顔を見たからか、
  先生、「順番にやって行きましょう。」
と言われたような…、頭はもうクラクラ。


非常に長時間に渡る丁寧なインフォームドコンセントでした。
先生お願いします。 

160725_011725 (300x400)
 うたた寝をしている私の足とリュー

category: 健康

tb: 0   cm: 0

△top

新しい病院に その6 「膀胱」 

 

心臓、気管支、皮膚に引き続き次は尿の検査結果でした。

持参した尿の結果画像を見ると、赤血球、白血球、剥がれた組織、
そして、四角透明な水晶のようなものが沢山写っていました。

  先生 「最近、尿の検査をしていましたよね。」

  私  「耳鼻科診察の時に。」

  先生 「もう少し前のもあった様な…。」

  私  「そうそう、3月に尿検査をして(多飲、多尿が気になって検査して貰っていたのです。)
      結石がでているから、お水を沢山飲ませるようにといわれてました。」

  先生 「…、…。」

  耳鼻科の退院時にも、尿に結石がでていると言われていたのです。

膀胱炎になっていること、ストラバイト結石の可能性があること、膀胱に石があるかもしれないこと等を言われました。

ただ、この病院に来るその日の朝、リューのち○ち○の先から膿がでているに気がつきました。
どうも包皮炎にかかっているようだったのです。
初めに言っておくべきだったのですが、すっかり忘れていて、その時点で診てもらうと正に包皮炎。
初めての罹患です。体全体の免疫力が激落ちです。(涙)

包皮炎のため、清潔な尿が取れていない可能性があるので、次回診察の際、おしっこをさせずに病院に来て、先に綺麗に洗浄してもらってから、外で散歩して尿をとることになりました。
その尿の検査結果で、エコー検査等、これからの診療方針を決めていくということです。


P1120741 (400x300)
リューは足を上げる時、腰を下ろす時と両方のスタイルでします。

category: 健康

tb: 0   cm: 0

△top