FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

てんかんでした。 

 

リューを迎えに行ってきました。
てんかんの発作を止める薬が効いているということで、脳に腫瘍ができている(推定)ことからの、てんかんという診断でした。
日中に、3回の注射で止めるほどの重篤なてんかん重積発作でした。
主治医も初めて見るという、珍しい発作状態だそうです。
服薬が効き始めるのが、火曜日位ということなので、それまでは注射か頓服、座薬で凌ぐことになりました。
原因が判って良かったです。
今は落ち着いて眠っています。

category: リュー

tb: 0   cm: 0

△top

リュー、半日入院する。 

 

ちっとも良いことで書くことがないのが(;´д`)トホホです。

この所リューの様子がおかしく、足しげく病院通いをしていました。

口の中を痛がるようなしぐさをするので、歯が痛い所為かと、抗生物質を飲ませていたのですが、歯が原因とは思えない程、発作が昼も夜も一日続くという状態になってしまいました。

夕べも眠れぬ夜を過ごし、やっと朝を迎えました。

医師に状況をより理解してもらうために、発作の状態は動画に撮り、発作の起こる時間を全部記録した表を持って、今朝、早々に病院に連れて行ってきました。

結果、その発作の様子を確認してもらうためと、薬が効くかどうかをみるために夜まで入院となりました。

先生が「〇〇さんも疲れているでしょうから、その間ゆっくり休んでください。」と言ってくださったのが有難い。

確かに、眠れないのも大変だけど、リューが苦しそうなのを見守っているだけで、神経が磨り減るようです。
思い荷物を一時的に下ろしたような、少し肩が軽くなっているのを感じます。

category: リュー

tb: 0   cm: 0

△top

水晶体偏位(水晶体亜脱臼・脱臼) 

 

リューは一年半ほど前から、眼科専門病院で定期的に診察を受けています。

酷い充血が治らないことから受診したのですが、両目ともドライアイと角膜浮腫を起こしており、眼が白く見えます。
角膜浮腫というのは、角膜の一番内側の膜の機能が低下し、角膜内に水が溜まってしまう病気です。
角膜が白く濁っているので、光を通さず視力がほとんどありません。

毎日の治療は、両目とも、   
  フルメトロン  点眼   1滴  朝      1回
  オプティミューン眼軟膏      朝・夜    2回
  食塩眼軟膏             朝・昼・夜 3回
  ソフトサンティア 洗眼      適宜
 
ドライアイ治療として、目薬であるサンピロを朝晩一滴ご飯に垂らしています。
 (サンピロの量の加減は、難しいです。)

これらの治療の効果で、ここの所、目が良く見えるということはありませんが、
日常生活で、なんとか影くらいは見えるらしく、何かに酷くぶつかるということもなく、
落ち着いた状態が続いていました。

それなのに、何故?という思いで一杯でした。

症状としては、日曜日の状態よりはやや落ち着いた感じの11月30日の夕方、眼科専門病院を受診することができました。

いつものように、眼圧、涙量、傷の有無、眼の表面を機械等で検査していきました。
普段ならなんとか大人しく診察されるリューが嫌がり動くので、AHTさんが保定しきれない様子なので、リューに慣れている私がしっかり保定して検査を受けることができました。

画像で見ると、血管が黒目の中まで広がっていました。
眼圧も前回両方とも、4、5位だったのが、左目だけ10にアップしていました。
涙の量は、最初の頃は、0という数字もでたことがあったのが、22と十分な量がでていました。
しかし、目の痛みから涙の量が増えているかもしれないとのことでした。

今回、初めて受けたのが、眼のエコー検査

下の写真がその結果ですが、目を横から見たように映し出されています。

右目-1 (400x333)

右目は、一番上に角膜があって、その下(赤矢印の所)に水晶体があり、正常な目の形をしています。

左目は、角膜の下に並んであるべき水晶体が、矢印のように左側にずれてしまっています。

左目-1 (400x330)

水晶体は繊維状のもので目の中で固定されいてるのですが、その繊維が何らかで切れてしまい、水晶体が目玉の中で動いてしまっている状態になっているそうです。

目の中に落ちてしまえば、それほど痛みはなく、目の前、角膜の方に出てくると物凄く痛むそうです。
緑内障になる可能性もあるのですが、いかんせん、リューの眼は白濁しているので、眼の中を見ることができないので、その診断もできません。

「言い方は悪いですが、眼に爆弾をかかえているような状態なので、興奮させたりしないように、注意してください。」
ということです。

最悪、眼球摘出となるそうですが、全身麻酔が難しいリューがそこまでいかないことを願うばかりです。

category: リュー

tb: 0   cm: 0

△top

もしや前庭疾患? 

 

二週間前の日曜日、リューを車に乗せて外出から帰った夕方、リューの様子がおかしくなりました。
立つこともままならず、歩いてはこてんと横になってしまう。
無理に歩かせると時計回りに廻る。
左目がつむったまま開けていられない。
目を開いてみると白目は真っ赤に充血しており、瞬膜が変に上がっており、斜視のような目になって、緑色の目やにも。
昨年より、眼科専門病院に定期的に通院しており、毎日の点眼でここの所、安定した状態だったのに。

今までも、ほとんど見えていない状態ではあるのだけど、普段暮らしているリビングで、頭をぶつけるようなことはなかったのに、歩かせるとあっちにゴン、こっちにゴン。自分でも途方に暮れているような様子。
お水を口に持って行っても、飲むこともできない。
日曜日の夕方なので、救急病院に連れていくかどうか、相当悩みました。

症状からみて、「もしかしたら前庭疾患?」と疑ったのです。
ただ、眼振はない。元気はないけど、苦しそうではない。
前庭疾患なら、早期に治療を開始したほうが良いらしいけど、通常のリューの状態を知らない病院に、夜間連れていくほど、切羽詰まっているのか、と迷う。
翌朝を待っても24時間以内なので落ち着いた方が良いと判断しました。

とにかくゆっくり休ませることにしたら、夕ご飯にも起きず、朝までぐっすり眠ったままでした。
私は、一晩リューの横で、眠ることもできず、ウトウト。

翌朝、リューは普通に起きてきて、前日の状態より良くなっており、少し安心しました。
ご飯も欲しそうにしていましたが、ここは絶食。
ただ、目だけは真っ赤に充血しており、朝一番で掛かりつけ医に飛んでいきました。

まず、「前庭疾患ではないですか?」と聞いたのですが、
「眼振もないので違う。」と一蹴されました。

レントゲン、エコー、血液検査等の結果、

      どっこも悪くない!!

心臓は以前の状態より、大きさが小さくなってかえって良くなっているくらい。
血液検査の結果は、肝臓、腎臓、血液、腫瘍マーカー他、悪い所がない。

強いて言えば、

炎症反応が出ているので、どこかが炎症しているかも。

炎症…?

判る所で、リューが炎症していると思えるのは、
慢性化している包皮炎、虫歯、目の炎症?

眼の状態は悪いので、直ぐに掛かりつけの眼科専門医に診てもらうように言われました。
ここの先生と眼科専門医は連絡が取れているので、眼科の先生から掛かりつけ医に結果を連絡してくれているのです。
ただ、診察を受けたくとも、眼科専門病院はめちゃくちゃ混んでいて、予約が一か月先でないと取れない。
そのことを言うと、とにかく状態の悪さを訴えて、こちらの先生からも言われているからと、無理にでも予約を入れてもらうようにとのことでした。

前日の状態の悪さは、心臓からきているものでもなく、原因がはっきりしませんでした。
もしかしたら、てんかん発作かもしれないので、今後の様子をみるということ位でした。

炎症反応がでているので、抗生物質の処方をうけました。
ただ、リューの場合、殆どの抗生物質は効かなくなっているので、唯一使える一種類を。

駐車場の車の中で、眼科専門病院に予約のお願いをし、何度か電話の往復があった後、木曜日の午後遅くに診てもらえることになりました。

そして、眼科専門病院での診察の結果、初めて聞く目の疾患が判りました。

category: リュー

tb: 0   cm: 0

△top