FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

シットが死んだ。 

 

シットが死んだ。

あれだけももみさんが心配し、皆が心配していたシットが死んだ。

ひろしまドックぱーくのことを9月に知った。

多くの方々が涙を流されていたが、私は一度も涙を流さなかった。

あるのは怒りだけだった。

しかし、今シットの死を知って涙が止まらない。

シットは助けられた。

愛されていた。

それなのに一番今愛すべき人間が犬たちを愛していない。

以前、ボランティアによる委員会を作るべきと、提案した。

しかし、実際ボラにいけない私に、行動するすべもなく、声は直ぐにしぼんでしまった。

犬たちのために、何が必要かと思い、余計なことは言わない、

一日も早く、良い里親さんに巡り会うことだけを祈ってきた。

でも、それは犬たちのためにはならなかった。

category: 広島ドックパーク崩壊

△top

コメント

 

No title

私も同じ気持ちです。私もずっと今までの事、見てきました
すごく複雑な気持ちですが、現場に行って自分の目で見ている訳でないので
憶測で気持ちを言わないように言えないと思ってきました
ただDPにいる犬達全頭が早く幸せなって欲しい事だけ祈ってきました

なんでシットちゃんは、死んでしまったんだろう・・・ただ悲しいです。

rei #79D/WHSg | URL | 2006/12/01 12:39 | edit

No title

ももみさんのブログを読んできました。
助かった命だったのに。大切な命なのに。
なんでも食べてしまうなんて、そうなってしまった理由を思い、せつなくなります。悲しいです。

urutemi #79D/WHSg | URL | 2006/12/01 20:37 | edit

No title

これは、辛いです。医療費はあったのに。お金のことといえば、犬の名義で口座が開けるのなら私はそこに振り込むのになぁ…という気分。あのお金は「広島のいぬたち」のもので、人間には犬のかわりに使ってもらうだけ。犬の医療費にどれくらいかかるか知っているから、みんなせっせと送ったのにな…。なんのために送ったのか、悲しくなりました。

小太郎の母 #79D/WHSg | URL | 2006/12/01 21:06 | edit

No title

reiさん
なるべく客観的に、いや事実がどうあれ、ワンコが幸せになることだけを考えて自分の思いを押さえて来た結果が、シットちゃんを死なせてしまった…。
支援金は、シットちゃんを生かすことができなかった。
シットちゃんや他の1頭、1頭のために、皆が送ったはずなのに。

ada #79D/WHSg | URL | 2006/12/02 01:27 | edit

No title

urutemiさん
ウルーちゃん、テミーちゃんのように、シットちゃんにも可愛がられていると、心から思う日々を過ごさせてあげたかった。
悪食癖がある子を、尻尾を自分で噛んでしまう子を、常に見守ってあげられない環境におくこと自身、管理者として犬のことを考えていたとは思えません。

ada #79D/WHSg | URL | 2006/12/02 01:35 | edit

No title

小太郎の母さん
悲しいです、悲しいいです。
遠く一度も会ったことのない犬に、皆これだけの思いと愛情をもっているのに、それを助ける力を皆からあつめた人が、使う気がない。
悲しみを怒りに変えなくては。

ada #79D/WHSg | URL | 2006/12/02 01:46 | edit

No title

現地ボラさん達の怒り、少しわかる気がするんです。
私が預かってる東北ニュージーランドわんわん村の子、その子の目もきっとシットちゃんと一緒だと
思うんです。シットちゃんが、ボラさんを見つめる目、真っ直ぐな目だと思います。
その目は、いつも私に問いかけてきます
「ここにいていいんだよね?ずっと一緒なんだよね?」と・・・先住犬達の目とは違うんです
ママ大好きの目じゃない・・・・
それは、彼女が生きてきた9年間の重み・・・
決して裏切ることのできない目なんです。
いつかめぐり合う里親さん、お渡しできる時
喜びと寂しさはあるけれど、喜びは数倍です
そこには、夢と未来があるから!
続く

kame #79D/WHSg | URL | 2006/12/02 12:24 | edit

No title

今回のことは、シットちゃんの真っ直ぐな目に
対する裏切り(言い方悪くてすみません)だと
感じたボラさん、多かったのではないでしょうか?
だからこそ、これ以上、裏切らずDPのわんらの為に今立ち上がったんだと思います。
声を押し殺していては、この先が見えないから・・・
シットちゃんは、身をもって教えてくれたんだと
思います。悲しすぎる現実ですが・・・・
私には後方支援しかできないし、応援しかできないけれど、逆風にあっても、現地ボラのみなさん
立ち向かって、負けないでください。
追い風のほうが、もっと吹いているのですから

生意気なこと書いてごめんなさい。

kame #79D/WHSg | URL | 2006/12/02 12:25 | edit

No title

kameさん
一度捨てられた犬は、また捨てられるのではないかと、何時も不安な目で訴えかけてくるそうですね。
ドックパークの子達は、捨てられる前に、可愛がられたことがないのですからね。
ワンコのためにとだけ思って、自分を殺して頑張ってくださってるボラさんに感謝の心で一杯です。
これから何をしたら、少しでもワン達のためになるのでしょう。
ずっとそのことばかり考えているのですが、
後方支援の会のようなものを作って、思いを一にする人の数を集める必要があると思うのです。

ada #79D/WHSg | URL | 2006/12/03 02:53 | edit

No title

はじめまして
リンク集ずっと活用させて頂きましたありがとうございます
AAに関してはヨーキー救済の以前からの経緯を承知でリンクしましたが 日記に私の思いを書きながらお知らせしてきました
最近ホストファミリー様や里親様からもkame様のおっしゃるようなお話を聞きます

>一度捨てられた犬は、また捨てられるのではないかと、何時も不安な目で訴えかけてくるそうですね

何度も何度も人に裏切られた子 捨てられた子 虐待を受けた子 そんな子ばかりと35年間暮らしてきました
心を開くまでの時間 心の奥底に潜む陰との対話が続きます
『トラウマ』などという生易しいもので無く人のPTSDに匹敵する否それ以上の心の傷を解消していくことになります
広島の子が太れない原因の一端はそのあたりにあるように思えます

何かお役に立てればとコメントさせて頂きました

通りすがりの猫 #79D/WHSg | URL | 2006/12/03 12:16 | edit

No title

初めまして♪ 通りすがりの猫さん
リンク集、少しはお役にたてたでしょうか。
沢山の方に見てはいただいたようですが、あまりコメントもなく、
独りよがりで、やってきたようで、日々迷っているところもありました。

ずっと里親さんをされているのですね。
そのことはよく聞いてはいたのですが、現実に目にされ、日々対している方のお話を伺えたことは、貴重なことです。
またもっと教えてくださいね。

通りすがりの猫さんのお名前は、他の方のブログのコメント欄でよくお目にかかっていました。
これからも宜しくお願いします。


ada #79D/WHSg | URL | 2006/12/04 01:50 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/214-3750c501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top