FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

ひろしまドックぱーく行ってきました。 3 

 

9、10日ボラに行った時、中のスタッフの話を漏れ聞いて、記者会見があることを割と早くに知ってしまい、なので、その記者会見を見るまでAAに関してのことは、触れないようにしようと思っていました。

昨日の記者会見、もうその場しのぎだけで、呆れてものも言えませんね。

譲渡会前から、疑問、不安が起こってきたのだけれど、とにかく多くの犬たちが里親さんと巡り会うのが重要なことと、全てを押えて見守ってきました。
それは、大方の後方支援者さんも同じですよね。
そして、ずるずるとAAの手に乗らされ、今まで引っ張られてきてしまいました。

先週、
「元気な子だけを連れ、病気の子はホストファミリーに預け、次のレスキューに向かう。」
なんて言ってましたね。
皆さん、動揺されていたけど、そんなこと、その場しのぎの言葉に決まってるじゃないですか。

ホストファミリーに預ける?
ホストファミリーを募集していないのに?

土曜日、今回現地でホストファミリーを募集していたのは、開腹手術をしたシュナウザーのエドくんだったかな(名前等間違ってたらごめんなさい)帰って来たら預かって貰うホストファミリー募集の紙が貼ってありました。

「ホストファミリー募集。但し、返せといったら即刻かえすこと、里親になりたければ最初から面談。」みたいなことが書かれていました。

「あれじゃあ、皆引いちゃって、なりなくないよなあ~」という感想。

現地でスタッフに、「何故ホストファミリーを募集しないのですか?○○ちゃんのような状態の子は預かってもらいケアしてもらう必要があるのではないのですか?」と聞いたのですが、お答えは無かったです。
そのスタッフリーダーさんに決めることも答える権限もないのですから無理ですよね。

預け先のホストファミリーも決まっていない。
だから、行けっこない。
行った先に何百匹の救いを求めているワンがいて、元気という子を連れて行って、誰が世話するの?今のぱーくのお世話がどこでできるの?
それより、九州でレスキューを求めている所ってどこ?

九州だかどこか、次のレスキューに行くと言っていたのが、そのうち、どこか場所を探し、12月半ばに、広島から撤収すると言い出した。
レスキューに呼ばれているのじゃないの?

あの時点で、60頭前後のワンコをつれて、物資を持って、即刻、契約してくれる土地・建物は見つからないと読んでいました。
やっぱりね、当たり前でしょ、一般常識のある所有者が今のAAに貸すわけがない。お金を積めば別?

12月中旬に撤収は、どうなったの?

記者会見で、残った犬をつれて、12月末までに大阪に引き上げると言っていました。

大阪の事務所に行ったことがありますが、あそこに連れて行ける犬の数は、ぱーくの初期の様なクレートの積み重ね方をして、近所迷惑を考えなければ、小型犬で20頭くらい?
それも民家に囲まれた10坪あるかないかの裏庭。

私の思いは、ずっと一緒。
ワン達のために何ができるか。

現地の犬達は、ボラさん達によって手厚く保護されています。
でも、やはりだめです。特に健康管理が。
ボラさんごめんなさい。
なぜだめか、元々のAAの管理の仕方、飼育の姿勢がだめ、というか全く犬の管理をしていない。

初期の頃、まだまだ混乱の残る中、病気の子達は、隔離ルームでそれぞれの症状をきちんと把握されケアされていたと思います。

今のA1は、皮膚病の子も、下痢の子も、健康な子も同じ部屋にいます。
皮膚病の子を、触った後は必ず消毒することとの注意書きがありますし、ベテランボラさん達も注意されています。
でも私の様な新人ボラは、うっかりしていたり、他のことにせいていたり、たとえば皮膚病感染のことを忘れて一々消毒するのを忘れる。
新人ボラが病気の子にさわれる環境はダメです。

病気の子達は、カルテ(?)に従い、それぞれの子に必要な点耳薬、点眼薬、投薬、塗り薬、治療されていました。
その殆どを年若いA1のスタッフリーダー(この方がスタッフかボラかはわかりません。ただスタッフジャンパーを着ていました。)が中心となって施術していました。

詳しくは書きませんが、私はある出来事を目の当たり…、手伝いもしたのですが、
管理の悪さを現実の物として経験してしまったので、よりそのことに関しては強く言いたいのです。
A1に関しては、そのスタッフリーダーの指示により、ボラがワンコのお世話をしていました。
そのリーダーは、朝一からテキパキとボラに指示をだし、忙しく走り回り…、忙しすぎる。
そのリーダーの負担が大きすぎると思えるほど。
一生懸命にやっていたのは事実です。

AAはそのリーダーに責任を負わせすぎている。
負わせて、自分たちは…
トラブルで責任を追及されるのはそのリーダー。
緩衝剤、壁として使っている。
一生懸命な、誠実さを利用されて最終的に傷ついたら、あまりにも気の毒。

少し話が逸れたかな。

12月中に、ワン達を連れて大阪に?
残ったワン達どうするつもり、今までは大阪のホストファミリーに預けてやってきたのに、
もう帰ってきたって、AAに協力するホストファミリーさんはいないでしょう。

なんどか提案したけれど、ボラ委員会を立ち上げましょう。
「山梨の 元イベント犬を救え!プロジェクト」のように。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/221-24c293f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top