FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

鍵コメントさんへのお返事 

 

これは鍵コメント18:26さんへのお返事ですが、長くなるのとずっと書きたかったことなのでこちらに書きます。

私は動物、犬の行動学を知っているわけではないのですが、たった2日間ですが、本当は見てきた犬の様子をもっと早く書きたかったのですよ。

最近は、特に大型犬は毎日来ることのできる大型犬飼育経験有りのボランティアが中心となって世話されていました。
その方々に指導され、新人ボラは作業をしていました。
実は私、最初この大型犬舎に入れていただいたのです。こんな時じゃないと大型犬と身近にいられるチャンスが無いと、朝、自分で行き先を選んだのです。

A3犬舎にはいるとリーダーはテキパキと指示をしてくれ、特に汚れている新聞やシートを取り替えたり、その間、犬を別のサークルに移動したり等と、朝一番にすることをさせていただきました。本格的清掃は、食事後にまたします。
でも、させていただいたのですよね。きっとリーダーや慣れたボランティアがやる方がずっと効率的だったと思います。もたもたしてましたから。
それに違うサークルに犬を移動するとき、相性の良くないワンコ同士を近づけてしまったり。
ずっと来られているボランティアの方は、大型犬も、中小型犬もそれぞれの相性、性格をちゃんと把握していました。
各犬の居住空間はそれぞれにサークルによって分けられ、そこにハウスが置かれていました。私以外のボランティアはそれぞれの犬の特徴を理解し、、トレーニングもできるだけされていました。でもそれはあくまでもボランティアが自主的にしていたと思います。

私の行った時こそ、急激に犬の数が減っていましたが、ずっと小型犬はそこまでの生活空間は許されていませんでした。
犬がバリケンの中が、一番安心出来るところとして暮らすのが、精神、犬の安全、人間の安全等のために必要なことは知っています。
私が見た、ぱーくの犬の中にも、扉を開けると飛び出そうとする犬、待てる犬、中々出てこない犬といました。

ボランティアは、延べ6,000人を超え、これはAA発表の数字ですけどね、そのボランティアは使いっ走りに過ぎない使われ方をしてきました。
日替わりでくるボランティアが各個人それぞれ系統立てたトレーニングをするのは、あの状態では不可能です。
もしトレーニングをするなら、やはり管理責任を持つ者が、その意思を持ってボランティアを指導しない限り無理です。
それに現実的には、トレーニングをする時間が限られる、勿論、御飯のマテ、ハウスの出入り時等できますが、そのハウスのトレーニングをする、繰り返しをしたり、待ったりする時間的余裕がボランティアには無いし、全員がそのことに気がついて自主的にするのはやはり難しいです。しかし甘やかす時間なんてもっと無いのです。何も出来ないからゴメンねと押し込んできたのです。
でも御飯の時以外、大抵の子はハウスの中で静かにしていたと思います。
ああ、朝一番、クレートの毛布を取り除いてから、御飯までうるさかった。
クレートが嫌い、というより、なんだろう。どこかに行きたがっていた。
いつも、誰かを捜していたというか、もう決まった人を慕っていた子もいたかもしれませんね。

御飯の時、マテを教えているボラさんもいました。
でもまだ、多くの犬達に食事のマテは虐待でした。お腹が空いていないとき、おやつ等でするべきトレーニングでした。
今でもミニチュアダックスもフードを食べるのではなく、飲み込むのです。
私も犬が噛まずに食べることは知っています。家の犬は良く噛んで食べますが。
しかし、その普通の犬が飲み込むように食べるのとは違うのです。
1日、三食もらっているのに、貪り飲み込むのです。

ただ沢山のボランティアさんがお世話をしているので、それぞれに出来るだけのトレーニングを心がけている方もおられると思います。
全然していないとは言いません。
ボランティアのトレーナーも来られていました。散歩時間にトレーニングしていました。

長くなっても、何か、伝えられない気がするけど、
今の時点では、どのボランティアも可愛そうな犬としては、扱っていなかったと思いますよ。

でも鍵コメントさんの言われるとおりなのです。
それが出来ないのは、管理者が犬を全く見ていないからです。
文字通り、見ないのですよ。

category: 広島ドックパーク崩壊

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2006/12/20 05:30 | edit

No title

鍵コメント05:30さん
もともと、管理者が犬を、犬として扱う気がありません。
犬には「ふやかしたフードをバケツに入れて与えておけば良い。適当に食べる。」程度の認識です。
素人というより、犬には感心がないようです。
犬を扱わせてはいけないのです。

pareana-club #79D/WHSg | URL | 2006/12/21 06:45 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/231-076e0711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top