FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

やっとまともに爪がきれた! 

 

新しいアイテムが手に入ったら、直ぐに切ってみたくなりますよね。
写真を撮る前に、早速ご褒美のチーズを用意して、前足をちょんちょんとさわっては、チーズという段取りを、超スピードで、一応段取りだけ踏んで、爪を切ろうとしてみました。

今までも、ご褒美で慣れて貰おうと、ちょこちょと練習はしてきたのですが、継続性に大いに問題ありで、効果は今ひとつでした。

さて、今回は、

だめですねえ、
毛深い足の中潜む爪を探し出し、出血なんて絶対させないよう1ミリだけ切ろうと、慎重に挟もうとするまでの時間が長すぎます。
「さあ、切るぞ!」という瞬間に手を引っ込められてしまという、いつものくりかえしです。

リューは「ご褒美のチーズは欲しいけど、爪切りなんてさせない。」という断固たる態度。

いくら、切れ味の良い爪切りといえど、切り手の思い切りが今ひとつなのです。

今までのギロチン式で切るときにも、
「パチン!」という音にリューも私もビックリして、飛び上がっていました。
その上、深く切ってもいないし、痛いはずもないのに、
リューは「キャン」と叫んでこっちをビビらせる技も持っているのです。

直ぐに逃げられる状態では、やはり無理と思い、トリミング台をセットして、
なんとか、やーーっと、後ろの爪1本を切ることができました。
「今日はこれで勘弁してやろう。」


そして今日、またトリミング台を取り出しての爪切り。

リューの爪は真っ黒で、どこまで切ったらいいのか、判らないのが思い切って切れない大きな理由です。
家でも爪をきれるようにしようと思ったとき、出血に備えて止血剤をもらおうと、掛かり付けの獣医さんにお願いすると、
「止血剤はとてもしみて痛いので、犬に二度の苦痛を与えるようなものだから、止血剤は使わずに、しばらく押さえて止血する方がよいですよ。」といったことを言われ貰えませんでした。

止血剤があろうとなかろうと、出血させるような切り方はできないので、慎重にならざるを得ません。

今日は、前足の親指にあたる爪だけを切ろうと思いました。
他の指の爪は、それほど無理をしてきるほど伸びていないのですが、特に左前足の親指の爪はくるりと回るほど伸びています。

もしかして、美容院で切り忘れていた?

リューの爪は黒いと先ほど書きましたが、右手の親指の爪だけ白なのです。
今日切って気がついたのですが、白い爪を切るのは楽ですね。
透けて血管のありそうな部分の色が違い、切る限界が判るので、躊躇なく切ることができました。

それに伴って反対側の伸びすぎていた方も、このくらいなら絶対大丈夫という見当がついたので、なんとか切ることができました。

ただ、左手と同じ長さまで切ることはしませんでした。
犬の爪は、爪が伸びると一緒に中の神経や血管も伸びてくるということで、いきなりは短くできませよね。

さて、肝心の爪切りの切れ味は。
切る時にいままでのような「パチン」という大きな音がしないので、リューも驚いて嫌がることはありませんでした。
私自身、あまり音がしないので、
「あれ、切れたんだろうか?」と見直したくらいです。
もちろん全く音が聞こえないのではなく、ボス、バスっという感じはあります。

それに今まではパチンと切った爪は、その途端どこか遙か彼方に飛び散ってしまって、回収不能の時が多かったのですが、今回は切れた爪は爪切りの刃に残っていたので、無事回収できました。

category: 健康

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

No title

りゅーくんの爪切りオメデトウございます。(パチパチ)第一歩が踏み出せましたね。もし出血した場合は、片栗粉や煙草の葉っぱ等で切った所を押さえてあげると良いそうです。私も医院で止血剤をお願いした時に看護師さんから教えて頂きました。
もんちゃんも昨日、カットして一本だけ少し爪切りをしました。もんちゃんは、両手・両足の端だけ伸びてるので毎日少しずつ頑張ろうと思ってます。黒い爪を切るのは恐いですよね。

もんまま #79D/WHSg | URL | 2008/06/29 14:17 | edit

No title

もんままさん
どもです。(笑)
悪戦苦闘、なかなかのバトルの末ですけどね。
お線香で焼くというのも聞いたことがあるのですけれど、それもできそうもないし。
片栗粉っていうのは、なんだかすごいですね。
もんままさんも頑張ってますね。
爪を切るだけが目的だったら、美容院に頼めばすむんですけど、これも犬との関係を少しでも良くすることができるんじゃないかと思って、お互いちょっとずつ頑張っていきましょうね。
まあ、私の場合、なかなか継続できないんですけど(^_^;)

ada #79D/WHSg | URL | 2008/06/30 00:22 | edit

No title

ニッパーデビューおめでとうっ(≧▽≦)
あぁ、わかる。結局準備段階で嫌がられちゃうの。でもバシッなんて出来ないよぉ。
リュー君が音に驚かないという収穫があったのですもの、数回もすればじっと待っててくれるようになる・・・のでは?


片栗粉!そんな方法もあるのかぁ。それなら常にあるし舐めても平気だものね。参考にします。

たろいも #79D/WHSg | URL | 2008/06/30 11:36 | edit

No title

愛犬の爪切りはドキドキしますよねー
うちは白い爪なので血管が見えるのですが、それでも怖くてできません。
ましてリューくんは黒い爪、どこまで切れるのかわからないですものね。
ワタシじゃ、絶対ムリ。
愛犬のお世話もちゃんと自分で・・のお気持ち、ご立派です。
↑へぇ~片栗粉がいいんですね。メモメモ
止血剤が痛いなんて、知りませんでした。

urutemi2 #79D/WHSg | URL | 2008/06/30 20:32 | edit

No title

たろいもさん
爪切り、手をもった段階で拒否られてますから。
もう少し、パッパとできるようになれば、気がつかない内は無理としても、
「嫌だあ!!」という前に切れるようになりたいです。
音に驚かない私が貴重な収穫です。

片栗粉、今日ちょっと書いてみました。

pareana-club #79D/WHSg | URL | 2008/07/01 01:01 | edit

No title

ウルテミさん
ドキドキを越えて、恐い顔になってしまうので、更にリューに嫌がられます。
E.コッカーの場合、ちゃんとトリミングしてくれるところが中々無いので、自分で全部やっている方が多いのです。
私はどれも全然できないのですけれど、なるべくトリミングに行くまでの期間を延ばそうというケチケチが、本当の理由なんですけどね。

pareana-club #79D/WHSg | URL | 2008/07/01 01:06 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/383-29dc0937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top