FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

「アニマルはにまる高槻譲渡会」のちょこっとお手伝い 

 

1月18日の日曜日、
アニマルはにまる高槻    さんの
里親譲渡会のお手伝いをcuoraさん(実録!迷走日記)に頼まれて、ちょこっとやってきました。

沢山の犬を、さわり放題なんですから、行かない訳にはいきません。

アニマルはにまる高槻さんのブログ ハッピーにゃるわん

今回の譲渡会は、高槻市保健所の1階講堂で行われ、沢山の里親希望さんが来られて大盛況でした。

P1100502 (338x450)

保健所の広い部屋の一部にブルーシートを敷き、その真ん中にテーブルと椅子を置くことで、犬の居るスペースを2分して、それぞれに犬が数頭づつ。
2畳ほどのスペースに、犬1匹あたり人間一人がいるのので、かなりの犬、人の密度です。

そこに、里親候補者さんたちが入れ替わり立ち替わり来られるで、更に人口密度は倍増。

保護犬たちにとっては、知らない所で、知らない人と一緒に、じっとしてなければいけないというのは、かなりの緊張状態だと思うし、さぞかし不安だったでしょう。

それも朝、9時半頃から、12時過ぎまでの長時間。

なのに、みんないい子!!

むやみに吠えたり、攻撃的だったり、喧嘩したりという犬がいない。

「ちょっとリードもっといて」と、都合でハンドラーがとっかえひっかえ替わっても、
落ち着いている。
もちろん場所柄、今回はそういう犬のみを選んでここに連れてきたという、
会の配慮があった上でのことであることは承知してでの感想です。

今まで特にトレーニングを受けているような犬たちではないのに、
社会性や犬としてのマナーを心得ている。

P1100507 (338x450)

私は、遠い保健所からやってきたヤンママの小雪ちゃんとその子供の小春ちゃんと小次郎君の側についていました。

お母さん犬の小雪ちゃんは、大人なので状況が判るゆえ、凄く不安そうで、ずっとしっぽは後ろ足の間に入ったまま。
そんな状態でも、恐怖から攻撃的になったりすることは全くなくて、大人しい。

(小雪ちゃん、譲渡会終了後、一時預かり家に歩いて移動する時は、打って変わって、しっぽが上がり、ぐいぐい引っ張って元気回復。
 預かり家では、元気に走り回っていました。)


みんなに愛嬌をふりまいて、疲れてしまった小春ちゃんと小次郎くんは、
ざわざわ、ワサワサした真ん中で、コテっとお昼寝。

P1100511 (450x338)

琉球犬とラブ(?)Mix”ラブラ琉ドル”のジェロニモ君も、人が来てくれる度にひっくり返って、お腹丸出し全開で、

        「わし、いいやっちゃろ」 と、アピール
P1100508 (450x338)

ラブラ琉ドルって何?と思われる方は、YCDなんくる倶楽部をご参照。(*^_^*)

今回も改めて思ったんですけど、飼育放棄されていた犬とか、ブリーダーの放棄犬って、
性格のよい子や、変な癖のついていない飼いやすい犬が多いような気がする。

私のように、人間に対しても、犬に対しても、過保護で、うるさい親はアカンな。

category: レスキュー

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/541-39e0d193
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top