FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

白浜旅行 その3 (白浜アドベンチャーワールド) 

 

5月1日 オープン時間前に、白浜アドベンチャーワールドに到着。

P1110166 (350x263)

この写真は、帰りに撮ったので人がいませんが、朝はこの広場が人で埋め尽くされていました。
私たちと同様に普通に入場待ちをしている人達と、有料アトラクションの予約が朝一番で始まるので、その権利をゲットしようと、それぞれの希望アトラクション番号に近い列へとつながる入口ゲートに沢山並んでいました。

当然、アドベンチャーワールド内に犬を入れることはできません。
そのかわり、入口のインフォメーション奥にあるペットスペースに1日預けることができます。

私は当日満室で預けられなくなることを恐れ、予約しておきました。
それで、預けるための手続きをアドベンチャーワールドのHPで、探したのですが、このサービスの情報にたどり着くのがかなり難しかったので、ここに順番を貼っておきます。

白浜アドベンチャーワールド出発前に確認 → サービス施設 → ペットスペース


これは、アタを預けた 屋内ペットスペースS
中に入口を開けたキャリーごと入れておきました。
リューは、自分のクレートを持ち込み置いておきました。

P1110165 (350x263)

リュー達を預け、列の一番後ろに並んで開場を待ち、入場すると、まず一番にパンダのところへ。

P11100755 (350x263)

アドベンチャーワールドには7匹のパンダがいるので、ガラス越しだけではなく、目の前で普通に芝生でくつろぐパンダがたくさん見られます。

ちょうどパンダ達は朝ごはんの時間らしく、見物者のことも気にせず、美味しそうに笹を食べていました。
竹の固い部分も、歯で上手に皮をはいで食べていました。

ここアドベンチャーワールドのパンダ達は、大阪府岸和田市の神於山(こうのやま)から、週1回届けられる孟宗竹を食べているということです。
神於山は、ずっと荒れていて、不法投棄のごみ処理にも悩んでいた山でしたが、岸和田市では古くは信仰の山としても人々と深いつながりをもってきた山だそうです。
その荒れた山を里山として、公園化せず、生活の用としての里山という基本は崩さず、それを現代風に仕立てようという目的で、岸和田市環境局をはじめ、ボランティアとして、神於山保全活用協議会、NPO神於山保全くらぶさん、
それと企業の社会貢献活動としてシャープが大阪府のアドプトフォレスト活動の一環として、「シャープの森づくり」のひとつとして参加しています。
また、花王のみんなの森づくりの助成も受けているようです。

そうやって守られるようになった神於山の竹が、パンダのご飯となっているというのは、素晴らしい循環ですね。


話がだいぶ逸れましたが、肝心の双子パンダのいるブリーディングセンターへ。
私たちが行ったときはまだガラス越しでした。
さすがここは行列で歩きながら見るので、ゆっくりとは桜浜、桃浜達を見ることはできなかったのがちょっと残念。

P1110047 (350x263)

活発な仔と、のんびりした仔の姉妹という感じ。


今回、双子パンダに会うこと共に、大きな目的だったのが、
バ​ッ​ク​ヤ​ー​ド​も​体​験​で​き​る​ス​ペ​シ​ャ​ル​バ​ス​ツ​ア​ー​!

P1110057 (350x263)

通常は、ケニア号という列車タイプの専用車でサファリワールドを一周するのですが、20人定員のガイド付きバスツアーです。

P1110079 (350x263)

目玉のひとつが、猛獣舎見学。

P1110085 (263x350)

両側に猛獣のケージが並ぶ獣舎の真ん中を歩くのですが、当然手を出せば危険です。

この子たちは人間に育てられたので、人恋しそうにこちらを眺めていました。

P1110093 (263x350)

ライオンって、吠え声で会話するのですね。
深い声で咆哮し合っていました。

そして目玉のもう一つ。

白サイへの餌やり体験。
名前を呼ぶと遠くからやってきます。

P1110101 (350x263)

口の中に、牧草でてきたペレットを投げ込んでやります。

P1110109 (350x295)
おとなしそうだけど、ガイドさんに噛まれると指がつぶれると注意されているので、ちょっと怖い。


サファリを楽しんだ後は、なんといってもアドベンチャーワールドのビックイベントはビッグオーシャンでのマリンライブ

P1110125 (350x263)

イルカや小型クジラが飼育員さんたちと、訓練に訓練を重ねた見事なショーを見せてくれます。
見ていながら、犬の訓練にも通じるものがあるんだと、飼育員さんたちの普段の情熱と鍛錬を見た気がし、ショーの楽しさ以上に、トレーニングとしての見事さに感激しました。

海外からイルカに関して問題視されていますが、イルカショーに関しては、決して虐待とは縁のない、人とイルカのつながりを見ることができる場だと言えると思います。
飼育員さんたちどんなに悔しい、情けない思いをされているかと思われます。

誤解を解くためにも、アドベンチャーワールドのみならず、イルカと人間のトレーニングの賜物であるショーを海外からも沢山の人に見にきてもらいたいものですね。

P1110129 (350x263)


お昼ご飯は、フードコートで、担担麺。

P1110132 (350x263) (2)


食後は、コツメカワウソの餌やり兼説明を見たり、カピパラを見たり。

P1110135 (350x263)

小動物をかなり急いで見学して、本日の最終目的、アニマルランドのアニマルアクション

P1110147 (350x237)

あまり良い写真が撮れなかったのだけど、これは犬とコツメカワウソが協力してシーソーを使って行われたショーです。

一番面白かったのは、アシカがフリスビーを口で投げて、ボーダーコリーがキャッチ。
いや、見事。

これでこの日のアドベンチャーワールドでの予定はおしまい。
お利口さんに待っていた、リューとアタを回収して、2日目のお宿に向かいました。


14

category: リューとおでかけ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/557-738142c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top