FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

白浜旅行 その5 白浜まだまだ楽しむぞ! 

 

6月に入っても、まだまだゴールデンウィークのネタを引っ張りますよ。

そんなことに、めげていてはブログは続けられません。キッパリ!!

実は、この記事、かなり書いたところでフリーズして消えてしまいました。
そんなことにも、めげていては、ブログは続けられません。 かなりガッカリ。

5月2日 白浜旅行 三日目

P1110192 (263x350)  P1110194 (263x350)

向こうの半島を超えて、朝日が昇ってくる早朝、海岸沿いにリュー達と散歩をしていると、
海上に筏が組まれたところがありました。

P1110206 (350x263)

だんだん近づいて見てみると、海上に作られた釣り堀でした。

  カタタの釣り堀

という、かなり有名な釣り堀のようです。
白浜旅行から帰って、2、3日後、たまたま観ていてBSの釣りチャンネルで、ここで大名釣りをする様子を放送していました。

釣りの上級者はもちろん、全くの素人で釣り道具を持たなくても、道具一式、餌をそろえて貸してくれ、釣りを楽しむことができるところのようです。

白浜と、ホテルサンリゾート白浜が気に入った我が家では、今度はこの釣り堀で魚釣りをして、また泊まりに来ようと言っています。


ホテルに帰り、朝ぶろを楽しんだ後は、朝食。

P1110215 (350x200)

シンブルな朝食ですが、朝ごはんとしては十分。
ご飯をお替りしたかったけど、お昼にもごちそうを食べる予定だったので、がまん。

さあ、今日の最初の目的地に出発。

三段壁 展望台よりの風景
P1110216 (350x263)

暑い時期の犬連れ旅行は、車の中にリュー達を置いておけないので、犬が一緒に行けるところを探すことになります。

ここ、三段壁洞窟は、ペット同伴可で、抱っこ、ケージにいれておけば、犬連れでも観光できます。
リューは重いので、抱っこもキャリーバックに入れて運ぶことはできないので、ペットカートで移動します。
念のため、三段壁洞窟にペットカートも大丈夫かどうか、問い合わせておきました。

P1110221 (272x350)

サラママは、持参した車いす、アタはその膝の上、リューはカートで、三段壁の洞窟へと降りるエレベータに乗ることができました。
(一人1,300円の入場料は、ちょっとお高いです。)

P1110227 (350x263)

色々なものに見えるらしい大岩。
確かにてっぺんはスフィンクスに見えなくもない。

P1110226 (350x263)

洞窟には、源平合戦で活躍した水軍「熊野水軍」が舟の隠し場所にしていたとの伝承があったり、


P1110241 (400x300)

P1110237 (350x263)

この洞窟は、浸食洞窟であるとともに、鉛山鉱山の堀跡でもあるという

P1110229 (400x300)

浸食洞窟や荒々しい波の自然を愛でるのか、史跡なのか、鉱山跡なのか、わけがわからない中を進み

P1110231 (263x350)

弁財天まで祭られているという、まか不思議な洞窟でございました。

肝心な、洞窟内の壁面や海の様子は、カメラの能力を越えていたので、良い写真がなかったのが残念。
あくまで、カメラの性能のせいで、私の腕のせいではありませんのであしからず。

一気に、終わりまで続けようと思っていたのですが、今日は、ここで電池キレとなりました。

なので、もうちょっと続く…。




category: リューとおでかけ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/559-1794f2f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top