FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

白浜旅行 その6 やっとこれで最後だ! 

 

三段壁洞窟を見学しても、まだ10時過ぎ。
11時半に昼食を予約してあるので、まだまだ時間をつぶさなくてはいけない、いや観光する時間がある。

ということで、白浜のメイン観光スポット、円月島の方に行ってみることにしました。

P1110286 (350x234)

円月島の手前に見えるのは、グラスボートです。
この船の底から、円月島周辺の海底を見ることができ、犬も乗船できるということで、乗ろうかなと一度は思ったのですが、経験者のお話から、魚があまりいない、そのかわりと言ってはなんですが、海女さんが船の下を行ったり来たりするということなので、今回はパスしました。

アタと円月島
P1110289 (350x263)

半島の先っぽまで行くと、
 南方熊楠記念館
P1110243 (350x263)

南方熊楠って、誰?というメンバーだったのと、駐車場が暑そうだったので、残念ながらここも次回ということでパス。

南方熊楠記念館の少し手前にある
  
  京都大学白浜水族館

P1110283 (263x350)

こちらは、

- この水族館は2010年に開設80周年を迎えた歴史ある水族館で、現在、国立大学法人がもつ唯一の博物館相当施設として指定を受けた水族館であり、それ相応の規模を誇ります。 通常の娯楽性に富む水族館とは、やや趣を異としておりますが、人目をひくような派手な海洋生物ばかりでなく、さまざまな無脊椎動物を含む地味ではあるが学問上貴重な生物を多数展示しております。 - 
    館長のご挨拶よりの引用

という、個性的で面白い水族館でした。

ヒトデ、可愛いっす。
P1110265 (263x350)

この魚も可愛い。魚も壁によっかかって寝るんですね。
P1110277 (263x350)
往復、2度見しました。

なんか、このカニ、どこかのアニメに出てきたような形。
P1110262 (400x300)

警備の方にお願いし、木陰に駐車しているとはいえ、リューとアタを車に乗せているので、ゆっくりと見学することができなかったのが残念。
ただ車に戻った時に確認すると、温度は心配するほど高くなかったのでほっとしました。

もっともっと不思議な生物もたくさんいたのに、暗い水中で写真があまり良く撮れなかったのも残念。
世界は知らない不思議な生物だらけ。
また涼しい時にゆっくり見学したいな。

この日は、そこそこ暑くなるという予報だったので、昼食をどこでとるかが今回の悩みどころでした。
和歌山には犬OKの飲食店の数がまだまだ少なく、ちょうど良いところが見つかりませんでした。

なので、犬OKの所は諦め、

 白浜に来たら、食べなくては、といえば、

近大マグロでしょ!

でも、なかなか良い所が見つからない。
まず、駐車場が日陰でなくてはいけない。

で、クエ料理のこちらに予約しました。

P1110299 (350x263)

クエの時期は、11月頃から翌年の2月ということで、本当ならこの時期には食べられないはずなのですが、
ここは白浜、近大マグロがあるなら、近大クエもいるのです。

アーマリン近大では、難しいクエの養殖にも成功していて、ここでは一年中クエ料理が食べられるのです。(祝)
P1110296 (250x188) P1110298 (250x188)

P1110297 (250x188)
クエを使ったお昼の定食を頂いてきました。

前日の宿泊先、ホテルサンリゾート白浜の夕食がクエ尽くしだったので、連日クエとなってしまったのは、ご愛嬌ということで。



さあ、和歌山の名物を一杯買うぞ!!と、下見してあったとれとれ市場に向かいました。

P1110306 (350x263)

なんか、ワクワクしますよね、こういう市場の雰囲気って。

P1110305 (263x350)

北海道産だけど、毛ガニも安い。

P1110301 (350x263)

のどぐろも和歌山で獲れるんだ。

P1110303 (350x263)

毛ガニや、のどぐろ、もちろん、本マグロも買ったし、梅干しもたくさん買って楽しかった。

お土産で売っているものって、なかなか美味しいものにあたることが無いのに、ここで買った梅干しはどれも美味しかったのです。
直ぐに食べてしまったので、今思えばもっともっと買っておけば良かった。

そうそう、もちろん帰り道、「めっけもん市場」によって、野菜もたくさん買って帰りましよ。
もう、みんな食べちゃいましたけどね。

やっと、おしまい。

category: リューとおでかけ

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/560-46211966
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top