FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

新しい病院に その3 「気管支」 

 

レントゲンを素人が見ても一目瞭然。
気管支が途中で細くなっています。

「気管虚脱」です。

気管虚脱に関しては何年か前に、診断されたことはあり、首輪は避け、ハーネスでリードを引くようにしていましたし、リューも若い頃のように引っ張らなくなっていました。
原因は老化現象とのこと。

細くなっている部分は正常部分の幅の半分しかありません。
上から、ペちゃんと潰れるように細くなっているそうです。

ここで、先生の話を聞いて改めて驚いていたのは、先日の全身麻酔の上での内視鏡による耳洗浄の時のことでした。
全身麻酔の時は喉に管を通すので、“当然”レントゲンを撮り、気管等の確認をして、特に高齢でリスクのある犬の場合は、綿密な麻酔計画、方法を熟慮した上で実施すると言われました。
耳洗浄の全身麻酔では、私も当然術前検査(レントゲン及び血液検査)が行われると思っていたのですが、レントゲン検査をしたのかどうか不明であり、その辺の説明もありませんでした。

リューを預けている間の不安感の原因は、その辺のことが大きかったような気がします。

気管虚脱に関しては、
  私  「首輪ではなく、ハーネスを使用しています。」

 先生 「ハーネスでも紐状に首に当たるものではなく、胸から腹に一体となっているものを使用してください。」

  私  「ベスト状になっているものですね。」

  先生 「そうです。」

診察後、早速リューとアタのベスト型のハーネスを買いに走りました。

そして、次は皮膚です。

DSC_0038 (400x267)
  アタの寝姿

category: 健康

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/574-88eea651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top