FC2ブログ

パレアナ・クラブ

旧「ちんぴら犬リューの更生★無理かも★日記」

がま口作りの復習 

 

「まつひろ商店」さんで習ってきたがま口、やっと復習をしてみました。

金口は、失敗したら勿体ないので100均のを使ってみました。

100均の金口には紙ひもと型紙がセットされているので、これで簡単にできると思ったのが躓きのはじめ。

まず、100均金口の作り方は、金口部分に差し込む布部分も縫いしろをつけ、袋状に縫うやり方。
「まつひろ商店」のやり方は、金口部分に差し込む布部分は断ち切り。
ここが違うと型紙が違うのです。は~あ。

付属の型紙を使って、口の部分の縫い代程度を適当にちょん切って作ってみました。
(写真の上にある唐草模様のもの)
作業工程そのものは、思い出しながら、講習工程を撮っておいた写真を見ながら何度かできたのですが…

P1030273 (400x300)

見事撃沈。
金口に合いません。
その上、この型紙で出来上がったがま口は昔の漫画にでてくるような横に広がったま口型で、
「まつひろ商店」のがま口のように粋な形ではなく、私はあまり好きではなかったのです。

仕方なく、難しそう、めんどくさいと避けていた、型紙づくりからやり直しました。
「まつひろ商店」のがま口講習では、講習で作ったものの他に、おまけとしてもう一つ分の金口と、
カットされている裏布、芯、紙ひもがついていました。
その芯の形と、あちこちのサイトを参考に型紙を作りました。(写真の下の方の型紙)

袋部分までは、順調にできたのですが…

金口にうまく入ってくれません。
講習ではあんなに簡単に綺麗にできたのになぜ?
紙ひもを入れても直ぐに抜けてしまいます。

紙ひもが細すぎる!
100均の作り方は金口部分を袋状に縫うので、布が2倍、4枚重なっており、糸の厚みもある。
私は断ち切りで作っているので、布が2枚。
厚さが薄いので添付されている紙ひもでは十分な圧迫ができないのです。

P1030274 (400x300)

写真上のものが、100均の紙ひも。
下が、「まつひろ商店」で使用したもの。
100均の物は撚りも甘い。

結局、ボンドを沢山つけて、力技で接着しました。
故に、ボンドが溢れたりして、あちこちボンドだらけの失敗作の出来上がり。

復習して得たものは、

もし今後も作るなら、紙ひもが添付されていても、布によってそれがベストの太さとは限らないので
紙ひもの太さを変えて手元に備えておいた方が作りやすい。

「まつひろ商店」で使用している中袋の布はやはり色々考えられている。
色は紺色なのはどんな表布にも合う色彩である。
また、張りがあって、糊が効いているので、作業中に伸びず、縁がほどけてこない。
最初に作った時には、普通の布で作ったので、表布と重ねた時点で伸びて、
表、裏布のサイズが変わってしまっていました。
ということは、中袋に皺が寄ってしまった。

二度目に作った時は、中袋にする布にキーピングでバリパリに糊をつけたのでとても扱いやすかったのです。
これはコツの一つですね。

category: 手作り

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://pareanaclub.blog.fc2.com/tb.php/595-ce489bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top